病院について

院長挨拶

神戸市立西神戸医療センターのホームページにようこそお越し下さいました。病院長として一言ご挨拶申し上げます。

 

 当院は、「神戸西地域に根づいた安心・安全な医療をめざします」を基本理念に、神戸西地域の中核病院として救急医療、がん診療をはじめとする高度専門医療、小児・周産期医療、結核医療や災害時の医療を提供しております。地域の皆さまが当院に期待する機能の1位が救急医療の充実、2位はがんに対する医療の充実でした。

 救急医療に関しては、神戸市民病院機構の一員となった平成29年以来、神戸市立医療センター中央市民病院の救急専門医の応援による救急科の新設、すべての曜日での小児救急の受け入れに引き続き、本年4月には救急外来の全面改修工事を行いました。これにより感染症に対応可能な個室の増室、CT装置の併設などを行い、より安全に多くの救急患者の診療が可能となりました。当院は新型コロナウイルス感染症の重点医療機関でもあるため、昨年度は一般・救急診療の制限を余儀なくされましたが、今後はコロナ下においても、神戸西地域の救急医療の拠点として、その役目を十分に果たしていく所存です。

 がん診療においては、国指定の地域がん診療連携拠点病院として、診断・治療・患者サポートの充実に努めてまいります。診断面ではPET-CT、最新のCT、MRI装置の導入に加えて、今年度はRI診断装置の更新を行います。治療面では最新の放射線治療装置の導入、手術支援ロボットの最新機種への更新に伴い、より精緻な放射線治療や低侵襲手術が可能となっています。また、緩和ケアセンターやがん相談支援センターで、がんに伴う様々な苦痛・悩みに対して患者さんに寄り添いながら対応しております。

 その他の高度専門医療につきましては、今春、心臓血管領域でのカテーテル治療を行うための血管造影装置を更新いたしました。急性心筋梗塞に対する治療は、脳卒中に対する治療とともに24時間体制で対応しております。

 小児医療につきましては、西区・垂水区で唯一の入院診療が可能な病院として、その役割を引き続き果たしていきます。

 新型コロナウイルス感染症が日本に上陸してから、すでに2年が経過しました。今年は3年ぶりに緊急事態宣言のないGWで、各地の人出も比較的多くみられました。今後、社会生活においては、新型コロナウイルス感染症との共存を目指していく方向に向かうと思われますが、医療機関においては、まだまだ安心できる状況ではありません。

 このような状況下におきましても、地域の皆さま方から信頼され、安心・安全な医療が提供できるように、職員一同努力してまいりますので、よろしくお願い申し上げます。

  2022年5月吉日 
神戸市立西神戸医療センター
院長 京極高久

TOPへ戻る