病院について

患者の権利と責務

神戸市立西神戸医療センターでは、安全で良質な医療を提供するために患者さんの基本的な権利を明確にして、これを尊重いたします。同時に守っていただきたい事柄についても責務(責任と義務)として定め、ここに「患者の権利と責務」として提示いたします。

患者の権利

  1. 一人の人間として、その人格や価値観などを尊重される権利があります。
  2. だれでも良質で適切かつ安全な医療を公平に受ける権利があります。
  3. 医療を受けるにあたっては、病気、検査、治療、見通しなどについて、わかりやすい言葉で、納得できるまで説明を受ける権利があります。
  4. 十分な説明と情報を受け、かつ納得したうえで、検査や治療方法などを自分の意志で選ぶ権利があります。
  5. 自分が受けている診断や治療について、他の医師の意見(セカンドオピニオン)を求める権利があります。
  6. 自分が受けている医療を知るために、診療記録の開示を求める権利があります。
  7. 診療中に得られた個人の情報が厳密に保護され、また、自分のプライバシーが他人にさらされず、乱されない権利があります。
  8. 研究途上にある医療に関しては目的や危険性などについて十分な情報提供を受けたうえで、それを受けるかどうかを決める権利と、いつでも中止できる権利があります。

患者の責務

  1. 自らの健康に関する情報を、できるだけ正確に医療提供者に伝える責務があります。
  2. すべての患者が良質で安全な医療を適切に受けることができるように、他の患者の診療や病院の医療提供に支障をきたさないよう、病院の規則や社会的マナーを守る責務があります。
  3. 受けた医療に対し、診療費を支払う責務があります。

最後に、神戸市立西神戸医療センターでは、臨床研修病院として医師をはじめ各種医療職の卒前・卒後教育および医学の発展のための臨床研究を担っています。 この点をご理解の上、ご協力をいただくようお願いいたします。

TOPへ戻る