よりよい医療のために

よりよい医療への取り組み

医療安全推進対策

医療安全を推進するために、院長直属のもと医療安全推進委員会を設置しています。患者さん・ご家族の方への安全な医療の提供および病院職員の安全を確保し、医療の質を保証することを目的に活動しています。

医療安全推進室は、室長と副室長、事務担当者で構成され、週1回ミーティングを行い、アクシデント・インシデント事例を収集・分析しています。重要な事例は毎月1回行われる医療安全推進委員会作業部会で検討し、病院のシステム改善に活かしています。

医療安全推進室の活動目標

● 方針

  1. 職員のリスク感性を磨き安全文化を醸成する
  2. インシデントレポートを分析し、システム改善に活かす
  3. 事故発生時は、迅速かつ適切に対応する

● 活動内容

  1. 医療安全に関する職員教育

     1) 全員対象研修会

       (1) 外部講師による講演会 
       (2) チーム活動などの実践報告会
       (3) 心肺蘇生技術訓練(ICLS推進チーム)

     2) 医師・研修医

       (1) CVC(中心静脈穿刺)穿刺訓練(麻酔科医師)
       (2) 人工呼吸器取扱い研修(臨床工学室)
       (3)酸素療法(RMTチーム)

     3) 新規採用者研修

       (1) 医療安全について講義・演習と医療機器取扱いの実習(看護部・臨床工学室)

     4)中堅・ベテラン看護師研修

       (1)医療安全について講義・演習

     5) 看護補助者及び復職支援研修

       (1) 医療安全について講義・演習

  2. 医療事故を防止するための情報収集・分析・対応策・フィードバックと評価

     1) 院内ラウンドにより安全な環境の確保、対策後の評価を行う

     2) 安全行動の実践のため、インシデントレポートシステムを効果的に活用する

  3. 安全確保のための整備

     1) 指さし呼称による確認間違い防止への取り組み

     2) 転倒・転落に対するアセスメントと事故後の対応フローの活用
       
     3) 薬剤誤投与防止への取り組み
     
     4) 院内急変対応システムの再構築

● 平成28年度の取り組み

  • 医療安全への取り組みを標語にして掲示した
  • 職員へ指さし呼称の啓蒙のため「ニュースレター」を作成した
  • キャラクターの活用、指さし呼称をとり入れた確認スキルのDVD作成
  • 院内安全ラウンド(転倒・転落、与薬、指さし呼称)を実施し、患者確認の状況環境整備等評価を行った
  • 部署の取り組みをアピールし、掲示した
    職員間で投票を行った
  • 輸液ルート・ポンプ入れ替えによる事故防止への取り組み
  • 看護職員への安全研修の継続
    • 新任管理者、安全現場管理者、新規採用者
    • 看護補助者(ヘルパー・サポーター)
    • 復職支援者
  • 職員研修
    • 第1回:「新事故調査制度への対応〜正しい理解があなたを守る〜」平成28年12月14日
    • 第2回:「院内実践報告会」平成29年1月26日
平成28年度の取り組み風景

その他の取り組み

精神科リエゾンチーム 外科系専門医制度と連携したデータベース事業 倫理委員会事務局 緩和ケアチーム

感染防止対策 褥瘡(じょくそう)予防対策 医療安全推進対策 クリニカルパス

院内がん登録の実施と兵庫県がん登録事業への協力  ネームバンド 栄養サポートチーム(NST) 医療事故の公表について

医療事故の公表事案件数 患者満足度調査 RMT(Respiratory care Management Team)  輸血拒否患者さんへの対応

ページの先頭に戻る