よりよい医療のために

呼吸ケアマネージメントチーム

RMT(Respiratory care Management Team)

RMTって何?

RMTとは(Respiratory care Management Team)呼吸療法マネージメントチームの略称です。

活動理念

呼吸療法に関し安全で質の高い医療を提供するとともに、その環境を整備し医療事故防止のための対策を講じることです。

活動目標

  1. 呼吸療法に関する医療事故防止と安全確保
  2. 各職種の専門的視点を活用したチーム医療の実践
  3. 呼吸療法に関する職員の能力向上と質の高い呼吸療法の定着
    の3つです。

どんな人たちが活動しているの?

呼吸器科医師を代表とし、3学会(日本呼吸器学会・日本胸部外科学会・日本麻酔学会)合同呼吸療法認定士の看護師5名・臨床工学技士7名・理学療法士3名と、集中ケア認定看護師1名と救急看護認定看護師をコアメンバーとし、各部署のリンクナースと共に活動しています。

どんな活動をしているの?

  • 呼吸療法に関する啓蒙活動
  • 安全対策に関する活動
  • 呼吸療法に関する安全と治療の評価
  • 院内の各委員会との連携
  • 自己および相互研鑽に対する活動

セラピストに活動の内容を伺っている様子

活動内容

  • 院内の人工呼吸装着患者さんを対象に週1回回診を行っています。
    * 2010年度から呼吸ケアチーム加算を算定しています。
  • 神戸西地域の病院施設の呼吸ケアチームと情報交換会を行っています(9月・3月)
  • 呼吸療法認定士受験対策講座を今年度から始め、院内外からご参加いただいています。

<セミナー予定>

【4月】 新規採用職員ウェルカム研修

【6月】ラダーⅠ対象「酸素療法」

【10月】呼吸ケアセミナー(1)

【11月】呼吸ケアセミナー(2)

【12月】呼吸ケアセミナー(3)

私たちの取り組み

書式のダウンロード
外科系専門医制度と
連携したデータベース事業
院内がん登録の実施と
兵庫県がん登録事業への協力
ネームバンド
医療事故の公表指針について
医療事故の公表事案件数
 
TOPへ戻る