地域の皆様へ

地域医療連携

神戸西地域の医療連携

上手な医療の受け方とは?

西神戸医療センターは、地域の基幹的な病院として高度医療、救急医療に取組んでいますが、軽い風邪や腹痛、また慢性疾患の日常的な診療の患者さんが多数受診されては、その機能を本当に必要な患者さんの治療に活かせなくなってしまいます。
そこで地域の皆様にお願いしたいのは、ぜひお近くの診療所の中で、ご自分に合った「かかりつけ」の先生を決めていただきたいということです。「かかりつけ医」を持つということは、身近なお医者さんとして病気を治療し、必要に応じて他の医療機関へ紹介してもらうだけでなく、日頃から、健康増進や病気の予防などについて気軽に相談できるアドバイザーになってもらうということでもあります。普段からあなたやご家族のことをよく知ってもらっていれば、いざというときも安心ですし、今後、さらに増加が予想される「生活習慣病」を防ぐためにも有効なことです。

“施設完結型医療から地域完結型医療へ”

地域にはさまざまな医療機関があります。入院施設のない診療所、入院施設を持つ有床診療所、病院にも一般、療養、精神、結核、感染症など病床の種類があり、それぞれが異なった機能をもっています。このようにいろいろな機能をもつ医療機関が、お互い得意なところ、役割を分担し、協力し合って患者さんの症状に応じた医療を提供していくことを医療連携といいます。
医学の進歩に伴い、医療技術はますます高度化・専門化してきており、一人の医師、一つの医療機関ですべての医療サービスを提供することは制度的にも、実態的にもできなくなってきています。これからはかつての“施設完結型医療"ではなく、患者さんを中心に地域の医療機関が協力して、地域全体で必要な医療を提供していく“地域完結型医療”が求められています。

西神戸医療センターと地域の医療機関との連携

西神戸医療センターは神戸西地域(西区、垂水区、須磨区)にあって、そうした医療連携を中心になって進めている病院でもあります。開院前から地域の先生方と一緒に、この地域における連携のあり方について考え、それを進めてきました。現在、神戸西地域のほとんどの医療機関との間で、次のような連携を行っています。

  • 地域の医療機関から西神戸医療センターの初診・検査をFAX予約
  • 地域の医療機関からの診療情報をもとに、西神戸医療センターで診察・検査を実施
  • 西神戸医療センターでの診察・検査結果を速やかに地域の医療機関へ報告
  • 紹介していただいた患者さんが入院されたときは紹介元の医療機関へ報告
  • 西神戸医療センターでの治療終了後、再び地域の医療機関に患者さんを紹介
  • 双方の医療スタッフが参加する研修会、症例検討会等の開催 など

このように普段から連絡を密にし、患者さんの紹介にあたっては、双方の医師が診療情報を交換しながら診察しますので、安心して受診していただけますし、検査や投薬の重複も避けることができます。
※神戸西地域以外の医療機関からも初診予約と患者さんの紹介はお受けしています。

紹介患者さんの初診・検査予約の流れ

紹介患者さんの初診・検査予約の流れ

ページの先頭に戻る

当院での治療が終了したとき

急性期・高度医療という当院の機能、役割を適切に果たすため、当院での治療が終了した患者さんは、必要に応じて地域の医療機関へご紹介しています。その際、紹介を受けて当院を受診された場合は紹介元医療機関へ、紹介を受けずに受診された場合は、「かかりつけ医」へご紹介しています。なお、「かかりつけ医」をお持ちでない方には、お住まいの地域で探していただけるよう西区、垂水区、須磨区の医療機関情報・マップも用意しております。
また、患者さんに必要な診療項目に応じて「かかりつけ医」を探してご紹介できるように、「かかりつけ医検索システム」を導入しております。(このシステムは神戸西地域(西区・垂水区・須磨区)の先生方からご提供いただいた情報に基づいています。) どうぞお気軽にご相談ください。

ページの先頭に戻る