各診療科・各部門紹介

麻酔科

診療科の概要

麻酔科医の主な業務は「安全で快適に手術を受けていただくこと」にあります。手術中は、麻酔科医が患者さんの状態と手術の状態を見ながら、患者さんの呼吸を補助したり、補液や薬を使って血圧や脈拍が安定するように麻酔の管理に努めています。外科系医師が手術に専念し、さらに安全な手術を行えるよう外科系医師と連携し、患者さんの状態を管理しています。時には呼吸や血圧に重篤な事態が起こることもありますが、トレーニングを積んだ麻酔科医が細心の注意を払って患者さんの安全を守ります。また、麻酔科医は手術の麻酔ばかりでなく、痛みの治療や全身管理も得意としており、手術後の痛みの治療や重症患者の集中治療、救急医療、心肺蘇生などにも携わっております。

診療科の特徴

当院では全身麻酔と脊椎麻酔および伝達麻酔などを麻酔科医が担当しています。ベテラン、中堅、若手麻酔科医が麻酔業務に携わっておりますが、若手麻酔科医はベテランおよび中堅麻酔科医のバックアップの元、患者さんが安全で快適な麻酔を受けていただけるよう励んでおります。ベテラン、中堅医師も若手に触発され日々、気持ちも新たに業務に励んでおります。また、集中治療室(ICU)には麻酔科医が常駐し、入室される重症患者さんの治療に加わっております。

診療科のトピックス

麻酔科医の周術期に果たす役割

手術患者にとって術中のみならず術前、術中、術後を通した周術期における回復もより安全で質の高いものであることが期待されています。最近、消化器術後の早期回復を目指した周術期管理プロトコルであるERASプロトコルが提唱されました。これはそれぞれに有効であることが証明された各種の管理方法を実施することで安全性向上、術後合併症減少、回復力強化、入院期間短縮および経費節減を目指すものです。このプロトコルにおいて麻酔科医は術中ばかりでなく術前、術後を含んだ周術期管理を担う重要な一員としての役割が求められています。当院ではこのプロトコルに基づいた管理を行っています。手術中は患者さんに合わせた麻酔薬や鎮痛薬を使用し、術後の悪心・嘔吐の予防的対処や体温の管理など術後を考慮した管理を行います。これらの術中管理に加えて、術前管理では麻酔や鎮痛方法について患者さんに十分説明し、患者さんの状態にもよりますが、できるだけ術前の絶飲食の時間を短くしたり、術後管理では硬膜外麻酔やエコー下神経ブロックなどにより鎮痛を十分行うなどの管理を実践しております。麻酔科医も外科系医師とともに周術期管理医の一員としての役割を果たしております。

 

ページの先頭に戻る