各診療科・各部門紹介

麻酔科

診療内容

毎朝、麻酔科医全員で前日の術後患者さんの状態と当日の麻酔症例について症例検討会を行い、個々の患者さんに適した安全な麻酔計画を立てています。手術室は8室あり(うち1室はバイオクリーンルーム)、ドレーゲル社Fabius Tiro麻酔器、日本光電Gaia麻酔記録装置を備え、神経ブロックにはGEやSonoSiteなど神経ブロック専用エコー装置5台を所有し、麻酔時の神経ブロックに活用しています。麻酔器や生体モニターは毎日手術室専任の臨床工学技士が動作チェックを行っており、不慮の動作不良にも迅速に対応できる体制を整えています。当院は麻酔科と外科系各科との関係が非常によく、麻酔導入や神経ブロック時のみならず、術中・術後においても麻酔管理や患者管理に密に連携しながら関与できる体制が構築されています。全身麻酔に併用した神経ブロックの施行数では県内でも屈指の症例数を誇り、術後もペインフリーな麻酔管理を学びたい方にはふさわしい環境を備えています。

麻酔科医は手術中絶えず患者さんやモニターを観察しながら処置を行っています。
超音波ガイド下神経ブロックを行っているところです。
 

実績一覧

(平成29年度)
総麻酔件数 3813件
全身麻酔件数 3293件
緊急手術の麻酔件数 477件
全身麻酔+硬膜外麻酔件数 508件
全身麻酔+末梢神経ブロック件数 1283件
脊椎麻酔件数 516件
TOPへ戻る