各診療科・各部門紹介

乳腺外科

診療科の概要

 当科では“QOLを重視した乳腺診療”をモットーとしております。乳がんの診断のためにはマンモグラフィ、超音波、MRIをはじめとした画像検査、細胞診や針生検といった術前病理検査が必要ですが、なるべく患者さんの負担の少ないものから選択し、診断するように心がけています。
 また乳房温存術、センチネルリンパ節生検、そして乳房再建を伴う皮膚温存・乳頭乳輪温存乳房切除を適切に取り入れ、QOLや整容性の確保と癌の根治性のバランスのとれた手術を行っております。
 さらに腫瘍内科の指導のもと内分泌療法・抗癌剤治療をはじめとした薬物療法を、放射線治療科と連携して放射線治療を行っております。緩和ケア外来では疼痛をはじめとしたがんに伴う辛い症状に緩和ケア専門医が対応しています。看護師主導でがん看護外来、リンパ浮腫外来も開設し、患者さんの思いに寄り添った看護を提供しています。
 乳腺外科診察室は化学療法センターやがん相談支援室、緩和ケア外来、腫瘍内科外来と隣接しており、また放射線科や超音波室、生理機能室も同じフロアにあって大変アクセスが良好です。
 近年遺伝性腫瘍の患者さんに対する遺伝カウンセリングと遺伝学的検査に取り組む気運が高まっています。当院においても神戸大学付属病院、兵庫県立がんセンターと連携して遺伝診療体制を整えつつあります。

乳腺外科の診察を希望される患者さんへ

TOPへ戻る