各診療科・各部門紹介

臨床検査技術部

トピックス1(勤続2年目技師)

 当院の検査室で働き始めて一年が経過しました。私の所属する生理機能検査室は、大きく分けて三つの部屋に分かれており、一人が複数の検査を担っています。私は普段、腹部エコーや心電図、肺機能などの検査を担当しています。
 生理機能検査室では日々、様々な患者さんと実際に顔を合わせ、その日の体調などのお話をしながら検査を実施しています。そのため、検査の結果だけではなく、患者さんの様子から感じられることも多く、患者さん一人一人に会った対応を心がけ、安心して検査が受けられるように努めています。
 また、患者さんの病気の発見や治療に直結する検査も多く、他検査や患者さんからの情報を通して、先輩技師の力も借りながら日々、検査を行っています。
 まだまだ慣れないことばかりですが、先輩技師のサポートだけではなく、各科の医師とお話しできることも多く、たくさんのことを吸収することが出来ています。これからももっとステップアップして、得た知識や技術を患者さんに貢献できるように努めていきたいです。

トピックス2(勤続2年目技師)

 細菌検査室の配属となり、1年が経過しました。1年目は新しいことの連続で不安と緊張の毎日でしたが、熱心に指導していただいたこともあり、現在ではグラム染色や薬剤感受性試験をはじめとする一連の業務を任せてもらえるようになりました。細菌検査室の一端を担っていること、ひいては検査結果が患者さんの治療に役立てられていることに大きな喜びを感じています。しかしながらまだ分からないことも多々あり、先輩方に相談しながら仕事を進めています。
 新型コロナウイルス流行拡大に伴い、通常の細菌検査業務に加えて新型コロナウイルスのPCR検査も担当しています。性質上、いつも以上に慎重さが求められる検査ではありますが、1件1件責任をもって検査を行っています。
  “正確な検査結果を出すこと”は当たり前ではありますが、これを常に実現するためには相当の努力が必要です。知識や技術はまだまだ不足していますが、この当たり前のことが行えるように努力を惜しまず、成長し続ける技師でありたいと思っています。

 

TOPへ戻る