各診療科・各部門紹介

臨床検査技術部

細菌、結核菌検査室

私たちは、以下の通り最新の医療技術を用い微生物検査を行い良質な医療の提供に貢献します。

  • 神戸市西地域の中核機能を担うとともに、がん拠点病院としてがんに関連した感染症患者に対し、良質な感染症診療を行う上で必要な微生物検査結果を提供します。
  • 神戸市の結核指定医療機関として最新の結核菌検査を中心に検査結果を提供します。
  • 患者さんが安心して治療を受けることができるため、また職員が安心して働けるために院内感染防止対策に貢献します。
  • 感染防止対策室、感染防止対策委員会および感染防止対策チーム(ICT)と協力し医療関連感染の制御を行います。

1.当院の微生物検査

黄色ぶどう球菌や大腸菌といった一般細菌から、結核菌などの抗酸菌、カンジダやアスペルギルスといった真菌、インフルエンザウイルスやノロウイルスといったウイルス、日本海裂頭条虫や赤痢アメーバーといった寄生虫まで幅広い微生物を対象としています。
 主に顕微鏡所見による微生物の迅速検査、培地を用いた培養検査、遺伝子を対象とした遺伝子検査を中心に業務を行っています。

2.塗抹検査を用いた診療支援

  1. グラム染色を用いた感染症診療支援を行っています。
     喀痰グラム染色を中心に急性期の感染症診療に必要な情報を30分で報告しています。報告は検出微生物の情報に加え、炎症細胞や浸出物などを中心に患者の病態把握に必要な情報も付け加えて報告をしています。
     菌種推定を行うことで治療の適正化に貢献するだけでなく、感染症の可能性が低い場合に不要な抗生剤投与を最小限にとどめるための情報提供をしています。

    【 図1 】グラム染色所見の報告例
  2. 蛍光顕微鏡を用いた感度の高い抗酸菌塗抹検査を行っています。
     抗酸菌は結核病検査指針に基づき遠心集菌法で抗酸菌を集め、蛍光顕微鏡という感度の高い検査で抗酸菌(主に結核菌)の検出を行っています。蛍光顕微鏡では従来の顕微鏡に比べて10〜15%検出感度が高くなります。

3.培養・同定試験

 主に寒天培地を用いて微生物を増殖させ、微生物の種類を確認(同定)し、微生物に応じた薬剤感受性の結果を報告しています。微生物の同定は、以前は自動分析器を用いて行っていましたが、2018年4月より質量分析器が導入され、現在は質量分析器を用いて行っています。

 質量分析器とは、細菌のタンパク質をイオン化し分離(重さで分ける)することで、細菌の持つタンパク質の性状を解析し菌種を同定する機器です。菌種同定は、従来法(自動分析器)では約18時間要していましたが、質量分析器を用いることにより約10分で同定が可能になります。また、血液培養陽性例では、血液培養液を用いて菌種同定が可能であり、検体の処理時間を含めても30分ほどで菌種が判明します。迅速に菌種同定を行うことで、アンチバイオグラム(菌種ごとの薬剤感受性の一覧表)に基づいた抗菌薬の選択が可能になり、患者の予後改善や医療コストの削減に繋がると考えています。

【 図2 】質量分析器(VITEK MS)

4.薬剤感受性試験と薬剤耐性菌の検出

薬剤感受性検査は治療薬が微生物に効果的なものかどうか検査するもので、抗生剤を適切に使用する上で重要な検査です。薬剤耐性菌をいち早く確実に検出するために最新の検査を導入しています。

1. MRSAの検出に薬剤耐性遺伝子の検査を行い血液培養陽性時は30分以内に報告しています。

【 図3 】mecA遺伝子を用いたMRSAの検出

2.カルバペネム耐性腸内細菌科細菌(CRE)の検出には最新の検査技術を用いています。

図3 検出の画像

図4 検出の画像

3. リファンピシン耐性遺伝子(rpoB)の変異を検出する検査

5.遺伝子検査を用いた病原微生物の検査

発育が遅い微生物や検出が難しい微生物を中心にPCRを用いた遺伝子検査を行っています。
結核菌の検出は60分以内に行い、外来診療の待ち時間内で結果報告を行っています。
ヒト結核菌とウシ結核菌(BCG由来株)を分別する検査も実施しています(図4)。

画像 折れ線グラフ

6.ASTラウンドの実施

ASTとは「抗菌薬適正使用支援チーム(Antimicrobial Stewardship Team)」のことで、AMR対策の推進のために発足しました。不適切な抗菌薬の使用が耐性菌の発生や蔓延の原因となることから、抗菌薬使用の適正化を目的に活動しています。

ASTラウンドでは、広域抗菌薬使用患者や血液培養陽性患者、免疫不全患者などを対象に、感染症の早期モニタリングを行っています。微生物検査や血液検査、画像検査の結果より、感染源の特定や、抗菌薬の用法・用量について他職種(医師、薬剤師、看護師、臨床検査技師)で話し合い、必要に応じて主治医にフィードバックをしています。
【 図4 】ASTの構成と役割

7.業務成績など

現在、4名の臨床検査技師が在籍しています。認定臨床微生物検査技師1名が在籍しています。

  1. 平成29年度実績
    1. 一般細菌検体数:28,773件
      (うち血液培養6,675件)
    2. 抗酸菌検体数:3,709件
  2. 研修医の教育プログラム
    1. 臨床研修医の中で希望者に微生物検査室へのローテーションができます。
      (年間1~2名程度の実績あり)
      【 図5 】初期研修医を対象にした微生物検査プログラム
  3. 学会報告(平成30年度)
    • 平成30年度福井県臨床検査技師会 臨床微生物部門研修会(鯖江市)
      竹川啓史:真菌検査の基礎から臨床
    • 第34回日本環境感染学会総会学術集会(神戸市)
       竹川啓史:深在性真菌症対策 検査室の取り組み
    • 第6回日本真菌学会関西支部「深在性真菌症研究会 」
      竹川啓史:Antifungal stewardship:多職種による取り組み
    • 第30回日本臨床生物学会総会・学術集会(東京)
      池町真実:血清型12Fによる侵襲性肺炎球菌感染症の10症例
  4. 投稿
    • 竹川啓史
      「多剤耐性緑膿菌」ICTのための耐性菌対策お助けブック:INFECTION CONTROL
TOPへ戻る