各診療科・各部門紹介

臨床工学室

臨床工学室の運営理念

中核病院としての機能を維持し、安全で良質な医療を提供するために、業務、知識、技術、チームワークの向上を目指します。

臨床工学技士について

臨床工学技士Clinical Engineerの略称です。臨床工学技士は、1988年に誕生した比較的新しい国家資格であり、その業務は生命維持管理装置の操作および保守点検とされています。高度医療の安定した供給と安全性の両立を目指し、日々業務に取り組んでいます。

業務内容

体制

室長 伊丹 淳(消化器外科 参事)
技士長代行 児玉 哲也
主査 藤井 清孝
スタッフ 男性14名 女性2名
 

資格取得

医療機器管理関連
第2種ME技術実力検定試験  10名
医療情報技師  3名
臨床ME専門認定士  4名
ホスピタルエンジニア  2名
電気工事士2種  2名
MDIC  1名
 

 

呼吸療法関連
呼吸治療専門臨床工学技士  1名
3学会合同呼吸療法認定士 6名
 

 

血液浄化関連
血液浄化専門臨床工学技士 1名
透析技術認定士  3名
 

 

内視鏡関連
消化器内視鏡技師 2名
 

 

循環器関連
心血管インターベンション技師 2名
 

 

救急医療関連
日本救急医学会認定ICLSコース
インストラクター
1名
AHA BLS インストラクター 1名
 

 

アンギオ関連
心血管インターベンション技師 2名
 

 

取得学位
都市情報学修士 1名
応用情報学修士 1名
 

 

業務分担

 

業務分担例1
業務分担例2
 
業務分担例3
業務分担例4

業務リーダー

 

勤務体制

平日は8時15分から業務調整を行い各部門の始業に間に合うよう準備を始め、各部門の終業まで対応しております。また、夜間休日は呼び出し体制をとり、24時間365日、診療科からの要望に応えられるよう対応しております。組織としては業務を維持継続するため、多様性と専門性を同時満たせる体制および、教育に力を入れております。現在、各スタッフは2つの業務を担当しており、各業務のリーダーは他の業務リーダーと調整し、業務担当スタッフを配置しています。担当以外の業務にも気を配り、各リーダーが部門全体の運用を考えマネジメントしています。

血液浄化業務

現在16床が稼働しており、導入期の患者さんや手術などで近隣医療機関から紹介を受けた患者さんへの透析を中心に行っています。また、隔離室を完備しており、結核やその他の感染症の患者さんへの透析も可能です。平成26年1月に装置の更新を行い、現在は最新の機種で治療を行っています。オンラインHDF施行可能な装置を7台設置し、厳密な水質管理のもと平成26年9月よりオンラインHDFでの治療を開始しています。血液透析の他にも血漿交換やLDL吸着、白血球吸着、腹水濾過濃縮再静注法など、すべての血液浄化に対応できるよう体制を整えています。透析室では医師3名、看護師10名と協力し、患者さんに安全で質の高い透析医療を提供できるよう、日々努力しています。

 

透析室
看護師 診察
 

 

医療機器
医療機器
医療機器

 

集中治療室業務

集中治療室では臨床工学技士が重症患者さんの治療に関わっています。人工呼吸器や、持続血液透析(CRRT)、経皮的心肺補助(PCPS)、IABP、各種血液浄化(血漿交換、血漿吸着、二重濾過血漿交換、血液吸着)などの治療に携わっており、機器の操作のみならず治療への参加はもちろんのこと、保守、管理等も行っています。また、緊急時に備えオンコール体制をとっており24時間365日、様々な状況に対応できるように待機しています。

 

医療機器

臨床工学技士

医療機器
医療機器

手術室業務

手術室では、医療機器の管理、修理、トラブル対応、特殊手術への立会いなどを行っています。具体的には手術支援ロボット(da Vinci)をはじめ、術前に使用する麻酔器や内視鏡手術機器、術中に使用するナビゲーションなど最新手術機器の操作設定を行っています。
また、滅菌前の内視鏡鉗子やドリルなどの点検を行い、手術中のトラブルを最小限に抑えるよう努力しています。
手術室は平成26年6月より2室増え8室となりました。これにより、臨床工学技士活躍の場もさらに広がりました。手術室では医師、看護師とカンファレンスやミーティングを通じて連携を取り、より良いチーム医療の実践が出来るよう努力しています。

 

手術室
手術室

 

ペースメーカー業務

ペースメーカー業務では、ペースメーカー植込み手術時の機器操作、患者情報の管理などを行っています。また、ペースメーカー外来では、過去の使用状況などから最適な設定を行うため臨床工学技士が機器の操作を担当しています。当院ではMedtronic社とSt Jude Medical社のペースメーカーを取り扱っており、医師と協力し様々な機能を使い分けることで、患者さんを第一に考えた設定を目指しています。

 

臨床工学技士 ペースメーカーの操作

 

内視鏡室業務

平成25年12月から1名の臨床工学技士を専任で配属し、内視鏡室業務を開始しています。当院の内視鏡室では年間約10,000件の症例があり、通常の内視鏡検査の他にESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)、EMR(内視鏡的粘膜切除術)、EUS(超音波内視鏡検査)、RFA(経皮的ラジオ波焼灼療法)など多くの特殊症例に対応しています。内視鏡室の稼働率が高いため、トラブルの回避や業務の効率化を目標に、機器のセットアップや処置中の機器操作など積極的に行っています。2016年10月に新内視鏡センターがオープンし検査室が7室になり、最新の機器設備を導入しました。内視鏡チームとして今後は、地域連携の推進や症例の増化、経営の改善に取り組みます。

 

臨床工学技士 内視鏡室業務
臨床工学技士 内視鏡室業務
臨床工学技士 内視鏡室業務

 

人工呼吸業務

院内で使用する各種人工呼吸器の保守管理とより良い治療を行うためのサポートが業務の目的です。保守管理では、使用前、使用中、使用後点検、オーバーホールなどを行っています。人工呼吸器使用中は、担当の臨床工学技士が朝、夕の2回作動状態を確認し、医師の指示の下に人工呼吸器の設定や経過観察を行います。医師、看護師、理学療法士等の関係職種と緊密な連携の下に、安全かつ効果的な呼吸療法を目指し日々奮闘しています。人工呼吸器がいつでも安全に患者さんに使用できるよう医師・看護師等の研修には特に力を入れています。一方、在宅支援として医療機器メーカーと連携し、呼吸不全の患者さんが在宅で使用する人工呼吸器の導入や家族への指導、退院後のフォロー等を行っています。その他、院内呼吸療法チームに参加し定期的に勉強会を開催しています。

 

人工呼吸器機
人工呼吸器機

アンギオ室業務

平成27年度より心臓カテーテル検査及び治療に参入しています。IVUS、FFRの操作補助、ポリグラフの記録、緊急患者さんへの対応などの業務に従事しています。PCIおよびCAGの件数は平成26年度と比較し2倍以上の件数となっています。今後はさらに多くの症例に対応できるよう、24時間365日の呼び出しの体制を整えました。

 

医療機器
アンギオ室業務
 
 

機器管理業務

ME(Medical Engineer)室が中心となり医療機器の管理を実施しています。実施には機器管理ソフトを用いて機器の耐用年数の延長をはかる一方、機器購入時の性能評価や廃棄基準などの判定も行い、経済的効果にも寄与する事を目指しています。

 

機器管理ソフト

 

【 電子カルテへの医療機器対応業務 】
看護師の業務軽減を目標に院内の医療機器と電子カルテとの連携を行っています。医療情報企画係との連携を取りながら、機器情報システムの構築などにも貢献しています。

看護師 バーコード操作
電子カルテ

【 医療機器管理ソフトの開発 】
委託業者と共同でソフト開発を行っており、現段階では、バーコードによる医療機器の貸出し、返却、医療機器の点検、修理履歴の検索、機器情報の検索などが可能です。ポータブルPCを用いた機器管理も予定しており、今後も運用を拡大していく予定です。

 

睡眠関連業務

夜間睡眠中の呼吸状態を調べるPSG(終夜睡眠ポリグラフィ)検査やそれに先駆けて行う、自宅でのパルスオキシメーターによるスクリーニング検査などについて、患者さんへの電極装着や機器の使用方法の説明などを行い、検査結果の解析も行っています。

 

睡眠
医療機器
医療機器

 

体制について

StepupSafetySpecial 3つのS

Stepup

職員が成長し組織も成長することを目標としており、キャリアパスを用いた生涯教育を実践しています。また、目標を立て計画的に達成できるよう当部門で作成した目標管理システムを導入しています。この目標管理システムはノルマ管理ではなく、職員が成長できるよう業務、自己研鑚、部内貢献の3つの視点で構成されています(目標管理シート参照)。また、臨床工学技士の業務は日々拡大しており、院内において更に活躍の場を広げるため、短期計画だけでなく中長期の計画を一般スタッフでも立案できるよう工夫しています。

臨床工学室キャリアパス

BSC基本戦略マップのワークフロー

目標管理シート

Safety

患者さんと病院で働くすべての人に対して安全な環境を提供することを目指しています。患者さんへの技術提供(臨床業務)では特に職員の教育に力を入れています。新人職員が安全に独り立ちできるよう独自の教育スケジュールや指導方法を導入しています(スキルチェックシートとステップアップラダーの採用)。また、患者さんに24時間365日、安全な治療が実施出来るよう、オンコールによりすべての業務に対応できる体制をとっています。
一方、安全な環境という面では、医療機器の保守管理に注力しており、保守点検の推進により安全性の向上を目指しています。下のグラフは医療機器の登録数および点検数と、修理件数の推移です。このグラフからも予防保守が医療機器の安全に寄与していることがおわかり頂けると思います。今後もさらに安全な環境を提供できるよう努力いたします。他方、主に医師と看護師に向け安全な環境の提供を目指しています。医師、看護師の業務の効率化と安全性の向上に向け、新しい機器やシステムの導入を推進しております。 

各業務のスキルチェック ワークフロー

業務スキルチェックシート

臨床工学室の業務 グラフ図

点検・修理件数と登録数

Special

専門性と多様性を同時に満たせるよう業務と教育の体制を整えています。

  • 主査会、定例会、リーダー会、教育ミーティングによる組織運営の強化
  • 組織を担う人材を育成するため、目標管理による組織コミットメントの向上と進捗管理能力の育成
  • 症例検討会、スキルアップトレーニング、BLSトレーニングによるスキル研修
  • 専門認定資格取得の推進(認定士取得助成制度あり)
  • 大学院進学:働きながら学べる環境つくり(卒業:修士課程 2名卒業、在学中:博士課程 2名)
  • 技士会等での活動
    • 日本医療機器学会 代議員
    • 兵庫県臨床工学技士会 理事 1名
    • 兵庫県臨床工学技士会 学術委員 3名(呼吸・ME部門)
    • 兵庫県臨床工学技士会 厚生委員 1名
  • その他
    • 大阪ハイテクノロジー専門学校 臨床工学科 非常勤講師
    • 藍野大学 臨床工学科 非常勤講師
    • 神戸総合医療専門学校 非常勤講師
    • 総務省近畿地域の医療機関における電波利用推進協議会 構成員
    • 岐阜大学 大学院 医学系研究科 看護専攻 非常勤講師
    • 神戸大学 大学院 保健学研究科 看護科学領域 非常勤講師
    • 日本臨床工学技士会 医療機器管理認定臨床工学技士 準備WG講師

29年度 発表・講演等

執筆

  • 藤井清孝:医療機器の安全使用に必要な情報の収集、Clinical Engineering.2017、vol.28,No.6、p.482-487
  • 岸本和昌:当院の手術室におけるCHEの役割、病院設備、vol.59、No.4、p.70

学会報告及び講演

  • 加藤博史、中本皓太:終末期がん患者におけるNPPVとHFVの医療経済性の比較検討.日本医療マネジメント学会第11回兵庫支部学術集会、明石、2017年2月16日
  • 加藤博史、中本皓太:終末期がん患者におけるNPPVとHFVの医療経済性の比較検討「第2報」 第24回近畿臨床工学会、和歌山、2017年11月18日
  • 加藤博史:レクチャーフォーラム1医工連携分野における臨床工学技士の活躍「日本臨床工学技士会における取り組み」第27回日本臨床工学会、青森、2017年5月17日
  • 加藤博史:「医療機器開発に関する最近の流れ、臨床工学技士の役割」第2回山形県臨床工学会 臨工チーム勉強会、山形、2017年6月2日
  • 加藤博史:「臨、学、産連携推進委員会の設立と活動」「点滴ポール用テーブルタップ スマートカフの開発」兵庫県臨床工学技士会2017年度通常総会、西宮、2017年6月11日
  • 加藤博史:高流量酸素濃縮器.大阪商工会議所 第4回次世代医療システム産業化フォーラム2017、大阪、2017年10月4日
  • 加藤博史:医療現場のニーズの活用に向けて臨床ニーズの収集、提供事例 HOSPEX2017医工連携事業差促進事業特別セミナー、東京、2017年11月22日
  • 加藤博史:臨、学、産連携推進委員会と課題(ニーズ)、ビジネスモデル。  京都府臨床工学技士会 第1回医工連携カンファレンス定例会、京都、2017年10月15日
  • 加藤博史:臨床工学技士の立場から見た医工連携.東京都臨床工学技士会広域多摩イノベーションプラットフォーム、東京、2018年3月1日
  • 加藤博史:臨床工学技士による医療現場ニーズ発表会並びに製品開発事例の発表会、第4回メディカルメッセ、名古屋、2017年12月6日
  • 藤井清孝:カテ室業務、こんな取り組み頑張ってます!&こんなことみんなどうしてます?【西神戸医療センター編】、KIC Live Demonstration 2017、三田、2017.6.9
  • 藤井清孝、井上宗紀、加藤博史:無線LANを利用した医療用テレメータにおけるトラブル報告、第92回日本医療機器学会大会、大阪、2017年6月30日
  • 藤井清孝:リスクマネジメントの実際、平成29年度医療機器安全基礎講習会、大阪、2017年7月9日
  • 藤井清孝:どうしてますか?医療機器管理業務の臨床実習教育、第16回日本臨床工学技士教育研究会、東京、2017年11月11日
  • 藤井清孝、山田憲嗣:医療機器のユーザビリティに関する実態調査、第27回日本臨床工学会、青森、2017年5月21日
  • 藤井清孝:医療機関において安心、安全に電波を利用するための手引き~カプセル内視鏡の電磁干渉事例をふまえて~、兵庫県臨床工学技士会主催第55回定期学習会、神戸、2018年3月11日
  • 藤井清孝、井上宗紀、加藤博史、大野ゆう子:徘徊感知機器による医用テレメータへの影響の可視化、実証調査、第46回日本医療福祉設備学会、東京、2017年11月22日
  • 藤井清孝:無線LANを利用した医療用テレメータにおけるトラブル事例、近畿地域の医療機関における電波利用推進協議会地域協議会、2017年9月12日
  • 岸本和昌:IoT社会の到来による医療機器データを統合する医療情報システムに関する研究、ジョイント研究会、兵庫、2017年6月6日
  • 岸本和昌、上崎勝生、上妻憲尚、藤井清孝、加藤博史:関節鏡用電気メスにおけるアクティブ電極の経時的変化について、第39回日本手術医学会、東京、2017年10月6日
  • 岸本和昌、押川千穂、粂川雅子、中井隆史、竹村匡正:医療機器ログデータを用いたプッシュ通知システムの構築、第37回医療情報学連合大会、大阪、2017年11月21日
  • Kishimoto K,Nakai T,Hori K,Oshikawa C,Kumekawa N,Takemura T:Construction of Push Notification System Handling Medical Device Log Data,Biomedical and Health informatics (BHI) and the Body Sensor Networks (BSN) Conferences 2018,Las Vegas,2018年3月5日

 

医師 スタッフ
医師 スタッフ
医師 スタッフ
 
 
 
TOPへ戻る