各診療科・各部門紹介

皮膚科

診療科の概要

1難治性皮膚疾患で悩んでおられる患者さんの診断・治療について西神戸地域での中心的な役割を担うことを目的としています。そのために必要な血液検査、皮膚生検、画像診断、皮膚アレルギー検査、光線テストなどの検査を行うことにより正確な診断を得、的確な治療を行っています。一般外来の受付は月・火・木・金曜日の午前8時45分~11時45分、水曜日は午前8時45分~10時30分です。原則として予約制ですが、水曜日以外は予約外も可能です。午後は完全予約制のアレルギー外来・手術外来・光線治療外来・創傷外来などの特殊外来を設けています。担当医師は変更することがありますので、事前に確認をお願いします。

 

 

皮膚科の水曜日の初診は紹介状が必要です

手術件数が増加傾向にあり、現在手術待ちの患者さんが大勢おられます。そこで、今後も役割を継続するために皮膚科では水曜日の午後を手術に充てさせていただき、午前中の外来患者さんは地域の医療機関からの紹介状のある症状が重く早急の治療が必要な患者さんを対象とさせていただくことにいたしました。つきましては、水曜日に皮膚科の初診で受診される方は紹介状をご持参いただきますようお願い申し上げます。

診療科の特徴

1994年の開設以来、当院皮膚科は西神戸地域一帯の医療機関と連携をさせていただきながら難治性の皮膚疾患の診断と原因検索を行い、治療を行ってきました。近隣の診療施設からのご紹介いただきました患者さんの診断・治療を行い、症状が落ち着けば逆紹介をさせていただいています。皮膚アレルギー疾患(アトピー性皮膚炎・蕁麻疹・薬疹・接触性皮膚炎・光線過敏症など)、自己免疫疾患(自己免疫性水疱症・膠原病・血管炎など)、皮膚腫瘍、感染症など皮膚科全般にわたって診療を行っております。

 
h6-naiyou

症例数:年間の外来患者数は述べ約19,000人、生検・手術の年間件数約450件。アトピー性皮膚炎については、日常の生活の指導、憎悪因子の除去などに重点をおいています。蕁麻疹・薬疹・接触性皮膚炎・光線過敏症などでは原因検索のため、積極的に各種検査(パッチテスト・皮内テスト・スクラッチテスト。内服試験・光線テストなど)を行い、薬疹では再発を防ぐため薬疹カードを発行しています。

診療科のトピックス

Qスイッチ・アレキサンドライト・レーザーを用いて太田母斑などの治療を行っています。その他、長波長紫外線・中波長紫外線を用いた光線療法、電気焼灼、凍結療法などの特殊療法も行っています。皮膚腫瘍についてはダーモスコピーを用いた診断を行い、必要であれば生検を行います。
尋常性乾癬の生物学的製剤を使用した治療も行っています。

ページの先頭に戻る