各診療科・各部門紹介

皮膚科

診療科の概要

難治性皮膚疾患で悩んでおられる患者さんの診断、治療について西神戸地域での中心的な役割を担うことを目的としています。そのために必要な血液検査、皮膚生検、画像診断、皮膚アレルギー検査、光線テストなどの検査を行うことにより正確に病状を診断し、的確な治療を行えるよう努めております。
一般外来の受付は月曜日、火曜日、木曜日、金曜日の午前8時45分~11時45分、水曜日は午前8時45分~10時30分です。

原則として予約制ですが、水曜日以外は予約外も可能です。午後は完全予約制のアレルギー外来・手術外来・光線治療外来・創傷外来などの特殊外来を設けています。担当医師は変更することがありますので、事前に確認をお願いします。

皮膚科の水曜日の初診は紹介状が必要です

手術件数が増加傾向にあり、現在手術待ちの患者さんが大勢おられます。そこで、今後も役割を継続するために皮膚科では水曜日の午後を手術に充てさせていただき、午前中の外来患者さんは地域の医療機関からの紹介状のある症状が重く早急の治療が必要な患者さんを対象とさせていただくことにいたしました。つきましては、水曜日に皮膚科を受診される方は紹介状をご持参いただきますようお願い申し上げます。

診療科の特徴

1994年の開設以来、当院皮膚科は西神戸地域一帯の医療機関と連携をさせていただきながら難治性の皮膚疾患の診断と原因検索を行い、治療を行ってきました。近隣の診療施設からのご紹介いただきました患者さんの診断、治療を行い、症状が落ち着けば逆紹介をさせていただいています。皮膚免疫・アレルギー疾患(アトピー性皮膚炎、蕁麻疹、尋常性乾癬、薬疹、接触性皮膚炎、光線過敏症など)、自己免疫疾患(自己免疫性水疱症、膠原病、血管炎など)、皮膚腫瘍、創傷、感染症など皮膚科全般にわたって診療を行っております。

診療内容

症例数:年間の外来患者数は述べ約19,000人、生検、手術の年間件数約870件。アトピー性皮膚炎については、ガイドラインに基づいた治療を行います。尋常性乾癬では重症の患者さんを受け入れ、生物学的製剤も積極的に投与を行っております。薬疹、接触性皮膚炎、金属アレルギーについてはパッチテストを行っております。歯科の先生方からの金属パッチテストのご相談も増加しており、お気軽に当科にご紹介頂ければ幸いです。食物アレルギーでは血液検査やプリックテストを行っています。薬疹では各種検査(パッチテストやプリックテスト、採血検査)を行い、再発を防ぐために薬疹カードを発行しています。皮膚腫瘍ではダーモスコピーや皮膚エコー検査を行い、水曜日の午後に手術を行っております。創傷(キズ)や、皮膚感染症(蜂窩織炎や帯状疱疹など)については随時受け入れを行っております。

診療科トピックス

手術件数が増加傾向にあり、できるだけ迅速に手術を受けて頂けるように努めております。尋常性乾癬やアトピー性皮膚炎、突発性慢性蕁麻疹に対しては生物学的製剤を使用した治療も行っており、件数が増加傾向にあります。小児のアトピー性皮膚炎や食物アレルギーの患者様については小児科と連携して症状の改善に努めております。

TOPへ戻る