各診療科・各部門紹介

皮膚科

実績一覧

症例数:年間の外来患者数は述べ約19,000人

入院患者
 2 平成27年度 平成28年度
湿疹・皮膚炎 2 5
蕁麻疹 1 12
熱傷 1 4
皮膚潰瘍・褥瘡 4 6
中毒疹・薬疹 13 11
細菌感染症 56 57
ウィルス感染症 21 50
皮膚良性腫瘍 27 34
皮膚悪性腫瘍 23 21
水疱症 11 14
円形脱毛症 7 2
結節性紅斑・スイート病 3 13
乾癬 4 9
アナフィラキシー 4 5
膠原病・血管炎など 5 5
アレルギー検査 2 5
合計 184 253
手術
  平成27年度 平成28年度
良性腫瘍摘出術 259 267
悪性腫瘍摘出術 29 27
遊離植皮術 3  
デブリードメント 4 12
皮膚生検術 275 348
その他 9  
合計 579 654
検査・特殊治療など
  平成27年度 平成28年度
パッチテスト・皮膚テスト 259 227
光線テスト 22 22
光線治療 1251 948
Qスイッチレーザー 18 8
皮膚エコー 175 266
合計 1725 1471
 

アトピー性皮膚炎については、日常の生活の指導、増悪因子の除去などに重点をおいています。
蕁麻疹・薬疹・接触性皮膚炎・光線過敏症などでは原因検索のため、積極的に各種検査(パッチテスト・皮内テスト・スクラッチテスト。内服試験・光線テストなど)を行い、薬疹では再発を防ぐため薬疹カードを発行しています。

血管性浮腫の症例集積研究→

ページの先頭に戻る