各診療科・各部門紹介

内分泌・糖尿内科

診療内容

糖尿病については若い人に多く、インスリン治療が必要な1型糖尿病や、おもに中年以降で、肥満歴のある人が多い2型糖尿病、またその他の糖尿病や妊婦さんの糖尿病について検査、治療を行っています。
内分泌疾患については、下垂体ではプロラクチン産生腫瘍、先端巨大症、クッシング病、下垂体機能低下症、下垂体炎、尿崩症など、甲状腺では、バセドウ病、橋本病、甲状腺腫瘍、副甲状腺では高・低カルシウム血症、副腎では褐色細胞腫、クッシング症候群、アルドステロン産生腫瘍、アジソン病や腫瘍などについて診断、治療を行ないます。

ページの先頭に戻る