各診療科・各部門紹介

消化器内科

診療科の概要

はじめに

消化器内科は、現在専攻医3名を含め10名体制で診療を行っています。スタッフは各種資格を有していて、日本内科学会、日本消化器病学会、日本消化器内視鏡学会、日本超音波医学会の認定教育指導施設であります。若手医師の教育にも力を入れていて、これまでに当院の研修医から上がってきた16名と他院で研修医を終えてやってきた12名の計28名の専攻医を指導して来た実績があります。
専攻医については、毎年公募をしていますので、ご希望の先生は是非ご応募下さい(別頁参照)。

消化器内視鏡センターについて

当院では、これまでも消化器内視鏡検査を数多く実施してきました。しかし、検査台が少ないために受診から検査・治療まで長期間お待たせする場合や、検査後に休んで頂く場所がないために鎮静剤を使用しての検査枠も限られるという状況がありました。これらを打破するべく、2016年10月に新内視鏡センター(消化器内視鏡センター)を増築しました。これによって検査待ちの日数を短縮し、リカバリー室(図1)を設置することで鎮静剤を用いて苦痛が少なく内視鏡検査を受けて頂ける体制が整いました。
また、女性の方では特に下部消化管内視鏡検査はためらわれがちです。当科には女性医師が2名常勤しており、女性の患者さんでご希望があれば女性医師が検査を担当させていただくことも可能となっています。

図1 消化器内視鏡センター リカバリー室
TOPへ戻る