各診療科・各部門紹介

栄養管理室

栄養管理は患者さんの治療をしていく上で最も基本となる医療の根本です。栄養状態が良くなければ回復が遅れますし治療もすすみません。太っているから栄養状態は良いとは言えません。
病棟担当管理栄養士は食事を基本として、患者さんにあった栄養量を栄養評価から提案し、経腸・経静脈を含めた栄養療法を実践し、栄養の面から患者さんを支えています。適宜、病棟訪問をさせていただき、患者さん個々の状況に合わせた栄養管理を考え、提供していきたいと思っています。

個別栄養相談(入院、外来)

糖尿病、腎臓病、心臓病をはじめ、がんや低栄養など、各種病態に応じたお食事や適切な栄養の摂り方について、主治医の指示に基づいた栄養相談を行っています。外来は、予約制となっておりますので、ご希望の方は主治医にご相談ください。

時間:月曜日、水曜日~金曜日 午前9時~午後4時50分まで(1枠:30分)
場所:2階 栄養相談室(エスカレーターを上がってすぐのお部屋)

*入院中の方には、病棟でも受けていただけます。

待合室の画像1

エスカレーターの画像

 

集団栄養教室

糖尿病教室:
医師、看護師、薬剤師、理学療法士、臨床心理士等と連携し、テーマを決めて実施しています。*詳細は外来掲示のポスターをご覧ください。
両親学級:
産科医師、助産師、歯科衛生士等と連携し、妊婦さんやご家族の方を対象に、妊娠中や産後の食事についてお話ししています。
健康教室:
10階西病棟入院中の患者さんを対象に、栄養バランスのよい食事についてお話しています。

 

NST(栄養サポートチーム)

NST栄養サポートチームの活動の様子入院患者さんで、栄養障害を生じている方や栄養障害を生じるリスクの高い方を対象に、医師、歯科医師、看護師、薬剤師、言語聴覚士、理学療法士、臨床検査技師等が多職種でいろいろな角度から患者さんの栄養状態改善のための方策を考え共有し、適した栄養療法の実践に取り組んでいます。

*管理栄養士1名が「NST専任」として活動しています。

その他の活動

  • 糖尿病療養指導支援チーム
     糖尿病教室のほか、多職種でのカンファレンスや、医師、看護師、臨床心理士とともに「糖尿病指導外来」「糖尿病透析予防指導外来」を開設しています。
  • 褥瘡対策チーム
     皮膚科医師、皮膚、排泄ケア認定看護師とともに回診を行い、褥瘡をもつ患者さんのケア、栄養管理に取り組んでいます。
  • 緩和ケアチーム
     医師・看護師・薬剤師、臨床心理士とともに回診を行い、患者さんの栄養管理に取り組んでいます。
  • 精神科リエゾンチーム
  • 思春期摂食障害支援チーム
  • 高齢者・認知症サポートチーム

地域連携

西神戸臨床栄養研究会の画像神戸市西部3区(西区、垂水区、須磨区)の病院に勤務する管理栄養士を対象に、年2~3回「西神戸臨床栄養研究会」を開催し、会員相互の研鑽に努めています。

 

TOPへ戻る