各診療科・各部門紹介

小児科

診療科の概要

当院は神戸西地域の中核病院です。急性疾患はもとより、幅広い分野の専門性のある慢性疾患にも対応しています。出生前の胎児から中学生までを診療対象としています。また、小児の健全な成長を医療面から支援することを目的として、育児支援、病気の予防に対する予防接種なども業務としています。

診療科の特徴
  1. 小児の内科疾患全般にわたって幅広く診療しています。急性の疾患はもとより、幅広い分野の慢性疾患、さらに低身長、健診後の精密検査(尿の異常や心疾患)まで、何でもご相談ください。
  2. 分野別の専門外来を行っています。小児科医は子どもについての広い医療知識の上に、それぞれが専門分野をもっていますので、専門知識を生かした特殊外来を行っています。詳細は診療内容の項をご参照ください。
  3. 救急医療を積極的に行っています。現在金曜日を除く全ての曜日の17時から24時まで救急外来で、小児の救急疾患に対応しています。
  4. 当院の産科で出生した新生児の診療に当たっています。産科との緊密な連携によって、治療の必要な新生児には、出生直後から小児科医が新生児の診療に当っています。
  5. 西神戸医療センター小児科は、1)日本小児科学会認定小児科専門医研修支援施設、2)日本周産期・新生児医学会指定認定施設、3)日本アレルギー学会認定アレルギー専門医準教育研修施設、です。
  6. さらに、平成29年度から開始された新専門医制度において基幹病院に認定され、平成29年4月に新規に新制度の専攻医を採用しています。募集定員は2名です。平成30年度採用者のプログラムは平成29年6月末に公表予定です。(「小児科専門研修プログラム」・「小児科先輩専攻医からのメッセージ」)
診療科トピックス
  1. アレルギー外来では、食物アレルギーについて、「食物アレルギー診療ガイドライン2016」に基づいた診断、治療を行っています。食物経口負荷試験については、年間200例程度実施しています。負荷試験は、年齢やアナフィラキシーの既往、また、血液検査結果などをもとに、入院または午前中の外来で実施するかを、ご家族と相談の上で決定しています。
    スギ花粉症、もしくはダニによるアレルギー性鼻炎を対象(12才以上のみ)とした舌下免疫療法の希望があればアレルギー外来(堀医師)にご相談ください。
  2. 小児神経では、小児の神経疾患全般を扱っています。脳波検査やCT、MRIなどの画像診断を駆使して診療を行っています。また、てんかんの診断では、発作型の診断が困難な場合には、入院していただいて長時間脳波検査を行なっています。この方法では、発作の様子と脳波の波形を比較することで正確な診断を下すことができます。
  3. 比較的まれな小児血液疾患である血小板減少性紫斑病や自己免疫性好中球減少症の治療経験が豊富です。自己免疫性好中球減少症については、他施設研究室の測定協力により、抗好中球抗体の有無による正確な診断が可能です。
  4. 低身長の患者さんについては、成長ホルモン負荷試験などを含めて積極的に精査を行っています。成長ホルモン分泌不全性低身長やSGA性低身長の診断と治療経験が豊富です。
  5. 感染症については、日本感染症学会指導医やInfection control doctorが小児科医のスタッフ内にいます。幅広く感染症の診断と治療が可能です。また、国立感染症研究所との交流により、肺炎球菌やB群レンサ球菌の血清型についても詳細な検査が可能になっています。
  6. 循環器の分野では超音波診断を得意とし、先天性心疾患や川崎病に対して迅速に診断して、治療方針を決定しています。そのほか、負荷心電図(運動時の心電図変化をみる方法)や24時間心電図(1日中記録して心電図変化をみる方法)を用いて不整脈の診療を行っています。金曜日の午後、予約制です。

 

ページの先頭に戻る