各診療科・各部門紹介

放射線技術部

放射線技術部 放射線治療部門

放射線治療は、放射線科治療医、看護師、外来クラーク、放射線技師、医学物理士で行っています。医師は診察を行い、治療方針を決め、その後の診察を行っていきます。看護師は治療期間を通して患者さんのお世話をします。放射線技師は治療計画どおり正確に放射線を照射し、かつ治療機器の精度管理を行っています。患者さんの治療が成功し、病気を克服できるようスタッフが力を合わせて取り組んでいます。

放射線治療とは?

放射線は目に見えず、体にあたっても何も感じないものですが、細胞はダメージを受けて徐々に死滅していきます。これを利用して、病巣だけに限局して放射線を当てていき病気を治していこうとするものです。ですので、手術等とは違い傷跡が残るような事は無く、なるべく臓器の機能を温存した状態で治療を行うことができます。

放射線治療の進め方
  1. 診察
    放射線治療の専門医が患者さんを診察します。病気の性質や検査結果、患者さんの体の状態をもとに最適な治療方法を決めていきます。この時に治療部位を決定し、与える放射線の量や治療期間などを決定していきます。当院では、迅速な対応を心掛けており、治療方針が決定しましたらなるべく即日に治療を開始できるよう努力しています。
  2. 治療計画
    治療計画の様子実際に治療を行うためには、治療に最適な範囲や放射線のあてる方向を決めなければなりません。そのため、CT画像を元に三次元(3D)の治療計画を立てていきます。

    また、頭頚部を治療される方にはShellという固定具を使用します。
  3. 位置合わせ・位置決め
    治療計画をもとに放射線技師が治療する部位を合わせていきます。そして実際の治療部位に間違いがないかを確認するための写真を撮ります。

    確認が取れたら、次から容易かつ正確に治療が行えるよう皮膚にマジックで印を付けます。
  4. 毎回の治療
    放射線技師が付けた印をもとに位置を合わせて、色々な方向から放射線を当てて治療を行っていきます。治療する部位によって異なりますが、5分程で終わります。
  5. 診察
    治療期間中は週1回、終了後も定期的に診察を行って、治療効果の判断や副作用の有無をチェックします。

ページの先頭に戻る

治療を受ける時の注意点
  • 治療開始の初日は、位置合わせのためにどうしても時間が掛かってしまいますので、時間に余裕を持ってお越しください。
  • 治療は月曜から金曜まで毎日行います。原則として外来の方は午前中に治療を行っていますので、もしご都合の悪い方は放射線技師にご相談ください。
  • 毎回の治療を正確に行うために体に印を書かせていただきます。この印は治療が終わるまで消さないようにお願いします。
  • 放射線治療によって皮膚がかゆくなったり、食欲が無くなったり、吐き気等の副作用がでることがありますが、治療中の一時的なものなので心配いりません。また、何か不安な点があればスタッフにご相談ください。 放射線治療は予定された一定の期間(2~7週間)行わないと効果が表れませんので、途中でやめないようにしてください。
機器紹介

放射線治療装置はシーメンス社製ONCOR Impression Plusを使用しています。
装置の特徴を紹介します。

  1. MLC(マルチリーフコリメーター)と呼ばれる41対多分割コリメーターを内蔵しています。MLCは多様な照射野を自動で形成できるので、より正常組織に対する不要な照射を防ぐことができ、患者さんに優しい治療を提供することができます。 また2012年から高精度放射線治療である前立腺癌に対するIMRT(強度変調放射線治療)を行っています。
  2. 高解像度のポータルイメージングシステムを導入しました。 治療前に照射野のズレを確認するため写真を撮る際、胸部レントゲン写真等で使用する放射線とエネルギーが異なるため、不鮮明な画像しか得られないのが普通でした。しかし低線量で高画質な画像が得られるフラットパネルディテクタを使用することにより、以前に比べかなり鮮明な画像が、より簡便に撮ることができ、治療の精度向上に役立っています。
    また、コーンビームCTが撮影可能ですので、治療計画時のCT画像とコーンビームCTをフュージョンさせて、その日の位置ずれを修正して照射する事ができます。
  3. 高周波発生装置の寿命が長く、出力が安定し、線量の変動が非常に少なくなりました。また電子線のエネルギーを12MeVから15MeVに増やすことで、より深部の電子線治療を行えるようになりました。
  4. 治療用寝台の天板がオールカーボン製です。 X線の吸収を最小限に抑えることができるので、あらゆる方向からの治療が可能になりました。
高エネルギー放射線発生・照射装置
:ONCOR Impression Plus (SIEMENS社製)
(6MV X線、6~15MeV電子線)
高エネルギー放射線発生・照射装置
:ONCOR Impression Plus (SIEMENS社製)
(6MV X線、6~15MeV電子線)
3D治療計画装置:Xio (CMS社製)
3D治療計画装置:Xio (ELEKTA社製)
 

ページの先頭に戻る

治療件数の紹介

その他

当院では年間十数例ではありますが、Brain LAB社のiPLANというシステムでラジオサージェリーと呼ばれる高精度の頭部定位照射も行っております。

    

 
 

← 放射線技術部トップページへ戻る

ページの先頭に戻る