各診療科・各部門紹介

放射線科

診療科の概要

放射線科には大きく診断と治療の2つの診療業務があります。

  1. 放射線画像診断   
    CT、MR、RIなど各種画像を迅速に診断し、レポートを作成します。
  2. 放射線を用いた治療   
    放射線診断機器を利用して血管内や管腔臓器の治療にあたるInterventional Radiology(IVR:画像下治療)と放射線治療装置(リニアック)から発生する高エネルギー放射線を照射して治療する放射線治療があります。
    また、放射性同位元素を用いた内用療法一部も行っています。

院内の各診療科や地域医療機関から依頼のある画像診断や治療に対して、迅速で正確な対応を心がけています。中央放射線部では放射線技術部および放射線看護部と密接なチーム医療を心がけ、各診療科とはカンファレンスを通じて診療連携しています。

日本医学放射線学会専門医総合修錬機関、日本IVR学会専門医修錬認定機関、日本放射線腫瘍学会認定施設、日本核医学専門医教育病院に指定されています。

診療科の特徴
  1. 放射線画像診断
    いろいろな疾患の診断・治療方針決定や効果判定、経過観察に欠かせない放射線画像情報を分析し、診断結果や次に必要とされる検査を依頼医にレポート報告します。画像種類としてはCT、MR、RI(シンチグラフィ)、消化管造影、血管造影、マンモグラフィなどがあります。また、平成29年度にはPET導入が決まっており、画像診断を担当します。疾患に応じた適切な造影剤投与方法の検討、造影剤の安全な使用のための基準作成、副作用発現時の対応にあたります。
  2. IVR(画像下治療)
    血管系では血管造影の手技を用いて、脳・心臓・末梢動脈疾患を除いた全身の動脈内・静脈内治療を行います。悪性腫瘍や緊急性出血病巣に対する動脈を塞栓する手技、動脈内から患部に直接薬剤を注入する手技、狭窄した血管を拡張させる手技、中心静脈カテーテル・ポートを留置する手技などがあります。血管系以外では、主にCT装置で身体深部病巣を観察しながら穿刺し、病巣組織を採取したり、感染病巣に対するドレナージを行います。
  3. 放射線治療
    全身臓器の悪性腫瘍に対してリニアックによる高エネルギーX線、電子線を用いた放射線治療を行います。CTやMRで得られた病巣画像を三次元治療計画用コンピュータに転送し、最小の障害で最も効率よく病巣に放射線を集中させる照射方法を採択します。疾患の種類や抗がん剤治療を併用する場合などに応じて適切な治療線量と治療期間を決定します。高精度放射線治療として、前立腺癌に対するIMRT(強度変調放射線治療)、頭蓋内小病巣や早期肺がんに対するSRT/SRS(定位放射線治療)を行っています。治療中、治療後は外来診察で治療の安全性確認と副作用に対応します。
    放射性同位元素を用いた放射線内用療法としては、骨シンチで集積のある有痛性多発骨転移に対する塩化ストロンチウム治療や、去勢抵抗性前立腺癌の骨転移による有害事象に対する塩化ラジウム治療、甲状腺癌に対する甲状腺全摘後の残存甲状腺破壊を目的とした131Iを用いた治療を行っています。
診療科トピックス

IMRTやSRT/SRSの治療精度を担保するため、平成26年に更新したIGRT(画像誘導放射線治療)を本格的に運用し、安定した精度で放射線治療が実施できています。RI内用療法には89Sr、131I、223Raの3種の機種を用いた治療が可能で、適応症例に対応していきます。CTは160列と64列の2台のマルチスライス体制で、平成27年に更新した画像解析装置の利用で3D再構成画像による診断や、術前シミュレーションを積極的に進めています。MRは1.5Tと3.0T装置の2台で診療にあたり、ほぼすべてのMR検査に対応可能です。3.0T装置ではスペクトロスコピーや拡散テンソル画像による診断も行っています。核医学診断では平成26年からドパミントランスポーターシンチグラフィを開始し、パーキンソン病やレビー小体型認知症診断に応用しています。平成28年には骨シンチの画像支援ソフトを導入し、骨転移に対する治療効果や病勢の評価に役立てています。また、平成29年度にはPET装置の新規導入が予定されています。がん診療の診断、治療、経過観察のすべての過程において中心的な役割を担っていきます。IVRの緊急は出血に対する血管塞栓術が多く、救命のために速やかな対応を心がけています。この中で近年は院内発生だけでなく他院から搬送される産科出血に対する子宮動脈塞栓術も増加しています。また、当科で留置するCVポートは気胸の起こらない上腕静脈アプローチで、依頼件数が年々増加しています。

ページの先頭に戻る