各診療科・各部門紹介

放射線診断科

  1. 画像診断
    令和2年度に放射線診断科で診断業務を行った画像件数は、CT 25,994件、MRI 10,579件、シンチグラフィ846件、PET-CT 1,162件、消化管造影 210件、マンモグラフィ994件です。
  2. 画像下治療(IVR)
    令和2年度は、肝細胞癌に対する動脈化学塞栓療法(TACE)41例、中心静脈カテーテル・ポート留置術225例、消化管出血や産科出血などの各種出血性病変に対する緊急止血術32例、透析シャント不全に対する血管形成術15例、バルーン閉塞下逆行性経静脈的塞栓術(BRTO)、選択的副腎静脈サンプリングなどの多彩な血管系IVRを計367例に行い、さらに非血管系IVRとしてCT・超音波検査・透視といった画像ガイド下での生検やドレナージなどを63例に実施しています。
  3. 日本IVR学会における症例登録データベースを用いた医学系研究に対するご協力のお願い
TOPへ戻る