各診療科・各部門紹介

リハビリテーション技術部

主催オープンカンファレンス

平成26年度

日時:平成27年3月13日金曜日
テーマ:理学療法士が実践する地域連携  
参加人数:135名

  • WKCC発足について.
  • 症例報告リレー「併存疾患により離床に難渋した大腿骨近位部骨折症例」

平成27年度

日時:平成27年6月26日金曜日
テーマ:がんと向き合って生きるために 《がんのリハビリテーションの取り組み》

日時:平成28年1月22日金曜日
テーマ: 新しいリハビリテーション連携のかたち 《理学療法士による神戸西地域での取り組み》
参加人数:155名

  • 神戸西地域におけるリハビリ連携活動の報告
  • 症例報告リレー「重度の左片麻痺、高次脳機能障害を呈した症例」

平成28年度

日 時:平成29年3月10日金曜日
テ ー マ:「新しいリハビリテーション連携のかたち《リハ専門職による神戸地域での取り組み》」
参加人数:207名

  • 症例報告リレー「くも膜下出血により呼吸器合併症予防が必要であった重度嚥下障害症例」

平成29年度

日 時:平成29年12月1日金曜日
テ ー マ:「新しいリハビリテーション連携のかたち《リハ専門職による神戸地域での取り組み》」
参加人数:130名

  • 症例報告リレー「大腿骨近位部骨折とギランバレー症候群を併発し、ADL向上に難渋した症例」

平成30年度

日時:平成31年2月1日金曜日
参加人数:135名

  • 症例報告リレー「重度運動麻痺・高次脳機能障害を呈し、社会支援が必要な患者が目指した自宅退院-地域連携、包括ケアの重要性と課題-」
     

リハビリテーション技術部主催 健康増進教室(西神戸いきいき教室)

平成28年 8月1日、10月3日、12月5日

平成29年 10月2日「身体活動の向上」「転倒予防のための知識とトレーニング」
     12月11日「認知機能の向上」「尿失禁予防のための知識とトレーニング」
     2月5日「筋力と骨格筋量の向上」「肺炎予防のための知識とトレーニング」

平成30年 8月6日「身体活動量について」

     10月1日「転倒予防のための知識とトレーニング」

     12月3日「認知症について知ろう」

学会発表、論文

理学療法士

論文

  • Tatsuro Inoue, Toshiaki Tanaka et al. Inadequate Postoperative Energy Intake Relative to Total Energy Requirements Diminishes Acute Phase Functional Recovery from Hip Fracture. Archives of Physical Medicine and Rehabilitation. 100:32-38. 2019

  • Tatsuro Inoue, Toshiaki Tanaka, Tetsuya Kakehi et al. Acute phase nutritional screening tool associated with functional outcomes of hip fracture patients: A longitudinal study to compare MNA-SF, MUST, NRS-2002 and GNRI. Clinical Nutrition 38:220-226. 2019

  • 垣内優芳,森明子,井上達朗,秋永美津江:透析関連低血圧に対する運動療法の可能性-症例報告.PTジャーナル 52:473-477,2018

  • 垣内優芳,西原賢在:子宮体癌患者の肥満,身体機能および歩行能力に対する理学療法と多職種連携の効果.理学療法兵庫 24:29-33,2018

  • 垣内優芳:臨床実習サブノート どうする?情報収集・評価・プログラム立案 複雑な病態や社会的背景の症例4 キーパーソンも高齢のパーキンソン病患者.PTジャーナル 52:673-678,2018

学会発表

【国内学会】
  • 垣内優芳,田中利明,桜井稔泰:早期離床時における自動カフ圧計の使用有無によるカフ圧変動差:症例報告.第5回日本呼吸理学療法学会学術大会,神奈川,2018.7.16

  • 井上達朗,田中利明,垣内優芳,筧哲也:大腿骨近位部骨折患者における不適切な食事摂取量は入院中の ADL 改善を低下させる. 第5回日本予防理学療法学会学術大会,福岡,2018.10.20

  • 筧哲也,垣内優芳,海老名葵,竹内康人,金丸聰淳:ロボット支援前立腺全摘除術を実施した前立腺癌患者に対する理学療法士による術前後骨盤底筋訓練指導の活動報告.第56回日本癌治療学会学術集会,横浜,2018.10.21

  • 井上達朗,田中利明,垣内優芳,筧哲也,島村康弘,井谷智尚,京極高久:消化管疾患術後にリハビリテーションを要した低ADL患者における退院時四肢骨格筋量指数の予測因子について. 第34回日本静脈経腸栄養学会,東京,2019.2.14

  • 井上達朗,島村康弘,森田祐介:低栄養大腿骨近位部骨折患者を対象とした急性期病院におけるリハビリ栄養カンファレンスがADLに与える影響 (シンポジウム).第34回日本静脈経腸栄養学会,東京, 2019.2.15

  • 垣内優芳,中田庸介,吉田晃久,西原賢在:ANCA関連血管炎の寛解導入期における運動療法経験:症例報告.第9回日本腎臓リハビリテーション学会学術集会,大分,2019.3.9

  • 田中利明,井上達朗,筧哲也,垣内優芳,島村康弘,櫻井稔泰 : 高齢者市中肺炎患者におけるサルコペニア罹患がADL能力に及ぼす影響. 第34回日本静脈経腸栄養学会,東京, 2019.2.14

言語聴覚士

【国内学会】
  • 白井裕美子,雲井一夫:当科における声帯結節症例の臨床的特徴と音声治療経過-小児例と成人例の比較-.第188回日耳鼻兵庫県地方部会(耳鼻咽喉科・頭頚部外科学会, 兵庫,2018.4.1

【受賞】
  • Tatsuro Inoue et al. Acute phase nutritional screening tool associated with functional outcomes of hip fracture patients: A longitudinal study to compare MNA-SF, MUST, NRS-2002 and GNRI. Clinical Nutrition 38:220-226. 2019:神戸大学名谷保健科学賞

【講師・講演・パネリスト】
  • 田中利明,垣内優芳,井上達朗:神戸市主催 健康づくり教室.2018年11月28日

  • 井上達朗:恒星病院主催「サルコペニアとリハビリテーション」.2019年2月18日

  • 井上達朗:兵庫県理学療法士協会主催「理学療法の研究方法論(EBPT含む)」.2019年3月3日

  • 井上達朗:北河内リハビリテーション栄養セミナー主催「理学療法士が実践するリハ栄養」.2019年3月9日

  • 白井裕美子:神戸市立西神戸医療センター第28回NSTオープンカンファレンス「当院における嚥下リハビリテーション」.2018年7月19日

  • 白井裕美子:神戸市立西神戸医療センター耳鼻いんこう科オープンカンファレンス「高齢者の音声リハビリテーション」.2019年2月28日

  • 荒井悠子:神戸市立西神戸医療センター耳鼻いんこう科オープンカンファレンス「舌圧測定と嚥下機能の関係及び舌圧測定器を用いてリハビリを行ったギラン・バレー症候群の症例1例」.2019年2月28日

  • 田中利明,横井佑樹,吉田晃久:神戸市立西神戸医療センターリハ技術部主催 市民健康増進教室 第1回西神戸いきいき教室.2018年8月6日

  • 井上達朗,秋武浩太,西尾優也:神戸市立西神戸医療センターリハ技術部主催 市民健康増進教室 第2回西神戸いきいき教室.2018年10月1日

  • 白井裕美子,筧哲也:神戸市立西神戸医療センターリハ技術部主催 市民健康増進教室 第3回西神戸いきいき教室.2018年12月3日

  • 田中利明:平成30年度 身近な保健医療講座. 神戸 2019年2月7日 
【査読】
【論文査読】
  • Tatsuro Inoue:Full paper of ANZ Journal of surgery

【学会演題査読】
  • 垣内優芳:第5回日本呼吸理学療法学会学術大会演題査読,2018年7月16日,神奈川

  • 垣内優芳:第58回近畿理学療法学術大会演題査読,2019年1月20日,奈良

     

 

TOPへ戻る