各診療科・各部門紹介

リハビリテーション技術部

 

   

 

West Kobe Community Cooperation (WKCC)

WKCCは当院理学療法士が中心となって発足した地域連携ネットワークです。セラピストによるリハビリテーションに特化した地域連携ネットワークは全国的にもなく、本質的な情報交換や治療方針のディスカッションは十分に行われているとは言えませんでした。そこで我々は「臨床的地域包括ケア」の実践を目的に神戸西地域の医療機関と地域事業所のリハビリテーションスタッフを中心にリハビリテーション特化型多施設間ネットワーク「West Kobe Community Cooperation (通称WKCC)」を2014年3月に発足しました。活動の中心は症例報告リレー(同一症例の経過やリハビリテーションアプローチを急性期病院と回復期病院、地域事業所の担当スタッフが症例報告により繋ぐ試み)を中心に据え、臨床的視点から地域包括ケアの一部を担う実践的かつ本質的な取り組みを継続して行っています。活動開始後2年で神戸市内の急性期病院から地域事業所までの10施設が本取り組みに参加しています。

WKCC活動実績

平成26年度
参加施設:5病院

平成26年7月14日
第1回症例報告会
場所:西神戸医療センター
平成26年10月29日
第2回症例報告会
場所:ときわ病院
平成27年3月13日
第3回症例報告会(オープンカンファレンス)
理学療法士が実践する地域連携〜連携強化のための新たな取り組み〜
「併存疾患と疼痛により早期離床に難渋した大腿骨頸部骨折症例」
場所:西神戸医療センター

 

平成27年度
参加施設:8病院2事業所

平成27年7月13日
第4回症例報告会
場所:神戸リハビリテーション病院
平成27年10月14日
第1回勉強会
場所:神戸リハビリテーション病院
平成28年1月22日
第5回症例報告会(オープンカンファレンス)
新しいリハビリテーション連携のかたち〜理学療法士による神戸西地域での取り組み〜
「重度の左片麻痺、高次脳機能障害を呈した症例」
場所:西神戸医療センター

 

平成28年度

平成28年6月30日
第6回症例報告会
場所:西神戸医療センター
平成29年3月10日
第7回症例報告会(オープンカンファレンス)
新しいリハビリテーション連携のかたち〜リハ専門職による神戸西地域での取り組み〜
「くも膜下出血による呼吸器合併症予防が必要であった重度嚥下障害症例」
場所:西神戸医療センター

■資格
3学会合同呼吸療法認定士:5名
がんのリハビリテーション研修終了:9名
福祉住環境コーディネーター 2級:2名
呼吸ケア指導士 (初級):1名
認定理学療法士(呼吸):1名
心臓リハビリテーション指導士:1名  

■所属学会
日本理学療法士協会
日本作業療法士協会
日本言語聴覚士協会
日本静脈経腸栄養学会
日本呼吸ケア・リハビリテーション学会
日本腎臓リハビリテーション学会
日本登山医学会
がんリハビリテーション研究会
日本心臓リハビリテーション学会
兵庫県理学療法士会
兵庫県作業療法士会
兵庫県言語聴覚士会
日本音声言語医学会

■その他
公益社団法人日本理学療法士協会における生涯学習制度(新人教育プログラム)の臨床見学受け入れ施設

 

ページの先頭に戻る