各診療科・各部門紹介

 

リハビリテーション技術部

主催オープンカンファレンス

平成26年度
日  時:平成27年3月13日(金)
テ  ー  マ:理学療法士が実践する地域連携  
参加人数:135名
・WKCC発足について.
・症例報告リレー「併存疾患により離床に難渋した大腿骨近位部骨折症例」

平成27年度
日 時:平成27年6月26日(金)
テーマ:がんと向き合って生きるために ~がんのリハビリテーションの取り組み~

日  時:平成28年1月22日(金)
テ  ー  マ: 新しいリハビリテーション連携のかたち ~理学療法士による神戸西地域での取り組み~
参加人数:155名
・神戸西地域におけるリハビリ連携活動の報告
・症例報告リレー「重度の左片麻痺、高次脳機能障害を呈した症例」

平成28年度
日  時:平成29年3月10日(金)
テ  ー  マ:「新しいリハビリテーション連携のかたち-リハ専門職による神戸地域での取り組み-」
参加人数:207名
・症例報告リレー「くも膜下出血により呼吸器合併症予防が必要であった重度嚥下障害症例」

 

リハビリテーション技術部主催 健康増進教室(西神戸いきいき教室)

日  時:平成28年 8月1日、10月3日、12月5日

 

学会発表・論文

理学療法士
≪国際誌≫
・Tatsuro Inoue. Pre-fracture Nutritional Status is Predictive of Functional Status at Discharge during the Acute Phase with Hip Fracture Patients: A Multicenter Prospective Cohort Study. Clinical Nutrition. 2016. In press

 ≪国内誌≫
・垣内優芳:透析療法中に下肢痛や筋痙攣を認めた症例の運動療法経験.PTジャーナル50:1063-1067,2016.
・垣内優芳:斜面上における片脚立位バランス能力.登山医学36:29-33,2016.

 ≪学会発表≫
・The European Society for Parental and Eternal Nutrition congress. Copenhagen, Demark. September 17-21. 2016 Insufficient Postoperative Dietary Intake for Total Energy Expenditure affects Worse Functional Recovery during Acute Phase with Hip Fracture-A multicenter prospective cohort study-Tatsuro Inoue

≪国内学会≫
・第54回近畿理学療法学術大会 (2014.11.3)
神戸西地域における地域連携の再考―West Kobe Community Cooperationの発足―
筧哲也

・第30回日本静脈経腸栄養学会 (2015.2.12.13)
「大腿骨近位部骨折患者の受傷前栄養状態と術後食事摂取量,退院時ADLとの関連」
 井上達朗

・「大腿骨近位部骨折患者のサルコペニア罹患割合と栄養状態の調査」
 田中利明

・第1回日本呼吸ケアリハビリテーション学会近畿支部学術集会 (2015.8.22)
「頭頸部複合屈曲位が随意的咳嗽力に及ぼす影響」
 垣内優芳

・第50回日本理学療法学術大会 (2015.6.5-7)
「大腿骨近位部骨折患者の術前栄養状態と摂取カロリー,術後ADLとの関連」
 ―神戸市内急性期病院による多施設共同研究―
 井上達朗

・「リハビリテーションアウトカムに焦点を当てた神戸西地域における地域連携の改革」
 ―West Kobe Community Cooperation(WKCC)の発足と経過―
 井上達朗

・「大腿骨近位部骨折患者の術後食事摂取量に関与する因子の検討」
 神戸市地域中核病院における多施設共同研究
 田中利明

・第31回日本静脈経腸栄養学会  (2016.2.25-26)
「大腿骨近位部骨折患者の術後エネルギー摂取割合と術後ADLの変化を加味した関連要因の検討」
 井上達朗

・「急性期総合病院における大腿骨近位部骨折患者に対する栄養介入の検討」
―多職種連携による栄養介入の試み―
 田中利明

・第6回日本腎臓リハビリテーション学会(2016.3.26)
「維持期血液透析患者の随意的咳嗽力」
 垣内優芳

・「大腿骨近位部骨折患者の術後食事摂取量が入院中のADL改善に与える影響-神戸市内急性期病院による多施設共同研究-」
 井上達朗, 田中利明

・第2回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会近畿支部学術集会(2016.6.4) 兵庫
「自己排痰可能群と不可能群の最長発声持続時間比較」
 垣内優芳

・第53回日本リハビリテーション医学会学術集会 (2016.6.9-11) 京都
「リハビリテーションアウトカム改善に向けた神戸西地域における地域連携の改革」
井上達朗, 筧哲也, 三坂恵,田中利明

・第8回日本静脈経腸栄養学会 近畿支部学術学会(2016.7.2) 神戸
「当院栄養サポートチーム回診の活動について
 -サルコペニアスクリーニングシステムの構築-」
 田中利明,井上達朗

・「大腿骨近位部骨折患者の簡易式を用いて算出した骨格筋量指標が術後せん妄発症に与える影響」
井上達朗、田中利明

・第20回日本病態栄養学会年次学術集会 (2017.1.13-15) 京都
「低栄養大腿骨近位部骨折患者における急性期でのADL改善を目的とした多職種での実践的栄養介入の試み」
 井上達朗、田中利明

・第7回日本腎臓リハビリテーション学会(2017.2.18-19) 茨城
「血糖値改善に難渋した維持期血液透析患者の運動療法経験」
 垣内優芳ら他

・第32回日本静脈経腸栄養学会学術集会
「大腿骨近位部骨折患者における機能回復を予測する栄養スクリーニングの検討-MNA-SF, MUST, NRS-2002, GNRIの比較-」
 井上達朗ら他

・第51回日本理学療法学術大会(2016.5.27) 札幌
「当院がんリハビリテーションチームによる多職種への啓蒙活動について」
 筧哲也ら他

 

言語聴覚士
・第60回音声言語医学会総会・学術講演会(2015.10.15)
「強直性脊髄炎が基礎疾患の竹節状声帯症例」
白井裕美子

・西神戸耳鼻いんこう科合同カンファレンス(2016.3.17)
「右声帯不全麻痺症例に対する音声治療」
山本真子
「乳幼児聴力検査について」
白井裕美子

・日本耳鼻咽喉学会 兵庫県地方部会(2016.3.27)
「強直性脊髄炎を基礎疾患とする竹節状声帯症例」
白井裕美子

・第61回日本音声言語医学会(2016.11.3-4) 横浜
「小児声帯結節症例に対する音声治療」
 白井裕美子,山本真子
「般化に難渋した機能性発声障害症例」
 山本真子,白井裕美子

・第185回 日耳鼻兵庫県地方部会(耳鼻咽喉科・頭頸部外科学会) (2017.3.26) 姫路
「当科における小児声帯結節に対する音声治療」
 白井裕美子ら他

 

 

 

 

院外活動(勉強会主催・参加・他施設との連携等)

症例報告リレー(WKCC) 〔2015.7.11 神戸リハビリテーション病院〕
WKCC勉強会 〔2015.10.14 神戸リハビリテーション病院〕
大腿骨頚部骨折地域連携パス会議
西神戸耳鼻咽喉科合同カンファレンス発表2件〔音声・吃音について〕
学習障害児、発達障害児に関わる教育関係者との連絡会
神戸市西地区の言語聴覚士による勉強会〔3回/年〕
口蓋裂カンファレンス〔4回/年〕
第71回神戸西地域合同カンファレンス:リハビリテーションにおける地域連携 〔2016.6.30〕
神戸市主催 健康づくり教室 PT3名講演 〔2016.11.11〕

 

 

ページの先頭に戻る