各診療科・各部門紹介

呼吸器外科

呼吸器外科の紹介

“より良い医療”を

現代医療では驚くべきスピードで新たな治療・エビデンスが現れています。少し前の標準治療はあっという間に時代遅れとなってしまうこともあります。一方、多くの患者さんには個別の事情・背景(基礎疾患、個人の事情、家族背景)があります。私たちは患者さんと一緒に治療選択をする際に、新しい治療・エビデンスと共に患者さんの背景にも柔軟にしなやかに対応して“より良い医療”を提供する必要があります。私たちは最新の手術技術や知識・豊富な経験も踏まえ、その時点で最善の治療、安心できる手術を一緒に考えて“より良い治療”選択してもらうように努めています。

また、当院は呼吸器外科専門医合同委員会認定修練基幹施設、日本呼吸器内視鏡学会認定施設であり、呼吸器外科専門医3人を含む4人の呼吸器外科医がチーム医療として常に患者さんの病状を共有し治療を行っています。全てのスタッフが関わることで、より安心できる手術を提供し、他部門のサポートも利用して、“より良い医療”を常時目指しています。

呼吸器外科部長 大政貢

 

対象疾患と治療方針

  1. 外科治療
  • 胸部悪性腫瘍(肺癌、縦隔腫瘍、転移性肺腫瘍、胸壁腫瘍、胸膜腫瘍)
  • 感染症(急性・慢性膿胸、肺膿瘍、肺・胸囲結核、肺真菌症、非定型抗酸菌症等)
  • 気胸(肺のう胞性疾患)
  • 胸部外傷(外傷性肋骨骨折、血気胸)
  • 全身型重症筋無力症
  • 手掌多汗症、
  1. 気道インターベンション
    • 硬性・軟性気管支鏡下気管・気管支ステント留置
    • 気道レーザー治療
    • 気管支充填術(EWS)
  2. 肺癌に対する術後補助療法
  3. 気管支鏡検査(超音波気管支鏡検査、術前Valmap検査含)

 

治療方針;呼吸器内科、放射線科、病理診断科と緊密に連携し、肺癌をはじめとする悪性呼吸器疾患の診断、外科治療を総合的に行っています。外科治療は安全かつ確実な手術を行い、術後合併症の発生を抑えることに特に留意しています。

術式;身体的負担の少ない完全胸腔鏡手術を基本術式とし、更に負担の少ない単孔式胸腔鏡手術や最新型機種ダビンチXiによるロボット支援胸腔鏡手術も行っており、進行肺癌に対する拡大手術も含めて、広い選択肢から術式を決めています。

緊急対応;悪性疾患だけではなく、気胸、膿胸、外傷といった急性疾患にも救急外来対応もしくは近隣病院からの紹介含めて十分に対応出来る体制を取っています。

臨床研究;当科は院内倫理委員会の承認を得た臨床研究、多施設共同研究を積極的に行っています。これらにより現行治療を随時見直し、エビデンスに基づいた最新の治療を取り入れるように努めています。

TOPへ戻る