各診療科・各部門紹介

呼吸器外科

診療科の概要

当科の診療内容
1. 外科治療;肺癌、縦隔腫瘍、転移性肺腫瘍、急性・慢性膿胸、気胸(肺のう胞性疾患)、胸壁腫瘍、感染症(肺膿瘍、結核、肺真菌症、否定型抗菌症等)、全身型重症筋無力症、手掌多汗症
2. 気道インターベンション;気道狭窄、難治性気胸に対する硬性・軟性気管支鏡下気管・気管支ステント留置、気道レーザー治療、気管支充填術(EWS)
3. 胸部外傷;外傷性肋骨骨折、血気胸等
4. 肺癌に対する術後補助療法
5. 気管支鏡検査(超音波気管支鏡検査、術前Valmap含)

当院は呼吸器外科専門医合同委員会認定修練機関施設、日本呼吸器内視鏡学会認定施設ですので、専門施設として呼吸器外科で期待される良質な医療が行えるよう、最新の技術や知識を習得することをスタッフ全員心がけております。呼吸器外科専門医3人を含む5人の呼吸器外科医がチーム医療として常に患者さんの病状を共有して治療にあたることで、より安心できる入用を提供しています。

大政 部長
大政 部長
本山 医長
本山 医長
中西 医長
中西 医長
長田 医師
長田 医師
徳重医師
徳重医師

診療科の特徴

呼吸器内科、放射線科、病理診断科と緊密に連携し肺癌をはじめ呼吸器疾患の診断、治療を総合的に行っています。外科治療に際しては安全かつ確実な手術を行い、術後合併症の発生を抑えることに特に留意をしています。また、肺悪性腫瘍・縦隔腫瘍に対するロボット支援手術も開始しており、進行肺癌に対する拡大手術も含めて、広い選択肢から術式を決めています。
ロボット支援胸腔鏡下縦隔腫瘍手術開始のお知らせ
ロボット支援胸腔鏡下腫瘍肺悪性腫瘍(肺葉切除)手術開始のお知らせ

TOPへ戻る