平成30年度 神戸市立西神戸医療センター 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 1534 298 297 499 810 1036 2314 3135 2046 368
当院は地域医療支援病院として、神戸西地域に根づいた安心・安全な医療を目指すことを理念としています。
地域の中核病院として幅広い年代の方に受診していただいていますが、70歳代の受診が最も多く、60歳代、80歳代と続きます。60歳代以上の患者さんの占める割合は、昨年度よりも1.7ポイント増加し63.7%でした。地域社会の高齢化が進んでいることを反映しています。
また、0歳代の受診者数が多いのも当院の特徴です。神戸西地域の周産期医療に力を入れていることや、小児科が神戸市小児救急の2次後送病院の一翼を担っていることがうかがえます。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
一般内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 55 9.65 12.58 7.27 72.55
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 処置2なし 副傷病なし 20 14.8 20.92 30 82
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 16 12.56 8.98 0 77.63
100380xxxxxxxx 体液量減少症 11 11.91 9.12 45.45 78.73
180010x0xxx0xx 敗血症 1歳以上 処置2なし 10 17.4 19.01 30 74.4
当院の内科は専門分化していますので、各専門診療科に入院する患者さんがほとんどですが、それぞれの専門科に該当しない内科疾患の場合には、一般内科として入院加療を行っています。そのうちの大多数は感染症によるものです。尿路感染症やそれに伴う敗血症、誤嚥性肺炎が多くを占めており、高齢者が多い傾向にあります。平成30年度は、夏の酷暑のために脱水症、熱中症の患者さんが平年より多数でしたが、それ以外は例年と同様の傾向でした。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 処置1なし 処置2なし 副傷病なし 155 4.28 4.47 0 72.53
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 処置1:心臓カテーテル法による諸検査 処置2なし 副傷病なし 130 3.05 3.01 0 68.86
050130xx99000x 心不全 手術なし 処置1なし 処置2なし 副傷病なし 81 13.05 17.66 18.52 79.52
050050xx99200x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 処置1:心カテ検査+血管内超音波検査 処置2なし 副傷病なし 50 3.04 3.15 0 70.68
050210xx97000x 徐脈性不整脈 その他の手術 処置1なし 処置2なし 副傷病なし 49 9.65 11.01 4.08 78.39
循環器内科で最も多い症例は、(1)狭心症に対する心臓カテーテル治療(経皮的冠動脈形成術)および(2)心臓カテーテル検査のための入院です。この治療,検査は心筋梗塞に対しても行われます。狭心症・心筋梗塞をあわせた虚血性心疾患の患者さんは、当科の入院症例の大多数を占めています。
次に多いのは(3)心不全の治療です。心不全の患者さんは平均年齢が80歳前後と高齢で、当院での治療後に転院して治療・リハビリを継続している比率が多くなっています。転院調整を入院早期から行っている結果、平均在院日数は全国平均より短くなっています。
(4)は狭心症に対して心臓カテ−テル検査を行った際に、血管内超音波検査や冠血流予備能比といった検査を併用した件数です。この検査を行うことで、経皮的冠動脈形成術が必要かどうかを厳密に判断することができます。
(5)は徐脈によるめまい、ふらつきなどがある患者さんにペースメーカーを植込み、または交換した件数です。高齢化とともに、件数は増える傾向にあります。
脳神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990401 脳梗塞 3日以内かつJCS10未満 手術なし 処置1なし 処置2:ラジカット(4) 副傷病なし RankinScale0~2 44 14.59 16.18 36.36 74.14
010110xxxxx40x 免疫介在性・炎症性ニューロパチー 処置2:ガンマグロブリン(4) 副傷病なし 18 20.56 16.16 11.11 56.67
010230xx99x00x てんかん 手術なし 処置2なし 副傷病なし 14 12.21 7.28 14.29 63.71
010060x2990400 脳梗塞 3日以内かつJCS10未満 手術なし 処置1なし 処置2:ラジカット(4) 副傷病なし RankinScale3~5 11 16.64 20.17 54.55 78.64
010060x2990201 脳梗塞 3日以内かつJCS10未満 手術なし 処置1なし 処置2:脳血管疾患等リハ等(2) 副傷病なし RankinScale0~2 - - - - -
脳神経内科の入院で最も多い疾患は脳梗塞です。発症から4.5時間以内の症例ではt-PAによる血栓溶解療法も行っています。急性期症例が多いため、脳保護薬(エダラボン)を用いた症例が多くなっています。
次に多い疾患は、ギラン・バレー症候群、慢性炎症性脱髄瀬多発神経炎などの免疫介在性ニューロパチーで、ガンマグロプリン大量静注療法などの治療を行っています。また、24時間救急対応を行っているので、てんかん重積など、てんかん症例も多くなっています。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 副傷病なし 374 3.06 2.67 0.27 69.29
060340xx03x00x 胆管結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 処置2なし 副傷病なし 134 7.68 10.08 6.72 74.34
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 処置2なし 64 7.06 8.52 0 74.64
060050xx97x00x 肝・肝内胆管の悪性腫瘍 その他の手術 処置2なし 副傷病なし 59 6.51 10.42 0 73.63
060100xx01xx1x 小腸大腸の良性疾患 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 副傷病:頻脈性不整脈等 44 3.39 3.94 0 73
消化器内科入院で最も多かったのは、大腸ポリープを内視鏡的に切除するための入院の患者さんでした。外来での大腸内視鏡検査が非常に多く、ポリープが見つかった際には出来るだけ外来で内視鏡的に切除するようにしています。しかし、大きいものやがんが疑われるものでは入院で行なっています。
次いで多かったのは、総胆管結石発作や総胆管結石性胆管炎の患者さんでした。その多くは救急入院によるものですが、当院では24時間体制で救急診療を行っていて、腹痛・発熱・黄疸などで発症するこれらの疾患を積極的に受け入れて診療してきたことによるものと思います。
3番目は、早期胃癌に対してESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)を実施した患者さんでした。当院では外来の内視鏡検査の時からほぼ全例で拡大内視鏡を用いて検査を行っています。精度の高い内視鏡検査を行うことで、早期胃癌を発見して治療につなげています。また、地域医療機関の先生からも多数の早期胃癌患者さんをご紹介頂いて治療しています。
4番目は、肝細胞がんや肝内胆管がんの患者さんでした。肝細胞がんが小型で数少なく見つかった場合には、経皮的ラジオ波焼灼療法(RFA)を実施しています。複数個の肝細胞がんを有する場合には、放射線診断科と連携して肝動脈化学塞栓療法(TACE)などを行っています。肝内胆管がんでは、外科と連携をとって切除を行ったり、抗がん剤治療を行ったりしています。
内分泌糖尿内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100070xx99x100 2型糖尿病(末梢循環不全なし) 手術なし 処置2:インスリン製剤(注射薬に限る)(1) 副傷病なし 85歳未満 27 15.44 13.90 3.7 65.85
100180xx990x0x 副腎皮質機能亢進症、非機能性副腎皮質腫瘍 手術なし 処置1なし 副傷病なし 19 4.53 6.35 0 53.32
100040xxxxx00x 糖尿病性ケトアシドーシス、非ケトン昏睡 処置2なし 副傷病なし 14 15.86 13.50 0 61
100070xx99x000 2型糖尿病(末梢循環不全なし) 手術なし 処置2なし 副傷病なし 85歳未満 - - - - -
100260xx9910xx 下垂体機能亢進症 手術なし 処置1:下垂体前葉負荷試験 処置2なし - - - - -
当科の症例で最も多いのは、2型糖尿病の血糖コントロール目的の入院です。コントロールを改善するために食事・運動療法とインスリン治療を含めた適切な治療を行います。また、外科、産婦人科や眼科などで手術の予定があっても、手術を受けるには血糖の高すぎる患者さんに対しては当科に前もって入院した上でインスリンを用いて血糖コントロールを行います。次に多い疾患は原発性アルドステロン症、クッシング症候群等の副腎のホルモンに関する病気です。副腎の病気については泌尿器科・放射線科と連携して検査・治療を行っています。3番目に多いのは糖尿病で血糖が極端に高くなって体調を崩した方に緊急治療を行うための入院です。4番目は2型糖尿病に関して、内服薬や、インスリン以外の注射薬を使用する入院治療です。5番目には下垂体の病気ですが、下垂体腫瘍等により、下垂体から出てくるホルモンが多すぎる、あるいは逆に少なくなっていないか検査するための入院です。下垂体の病気については脳神経外科・眼科と、連携しながら治療を行っています。
腎臓内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx99010x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 処置1なし 処置2:人工腎臓(1) 副傷病なし 44 11.8 14.21 4.55 71.07
110280xx991x0x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 処置1:経皮的針生検法 副傷病なし 43 5.77 7.18 0 48.67
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 処置1なし 処置2なし 副傷病なし 15 11.87 12.05 0 74.93
110260xx99x0xx ネフローゼ症候群 手術なし 処置2なし 15 26.67 21.40 0 64.13
110280xx02x1xx 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 処置2:人工腎臓(1) 13 30.92 35.72 30.77 72.08
上位より①血液透析導入目的入院、②腎生検目的入院、③保存期腎不全患者の教育入院あるいは合併症加療目的入院、④ネフローゼ症候群治療目的の入院、⑤シャント作成のための入院です。
当科では、主にネフローゼ症候群、急速進行性腎炎を含む各種糸球体腎炎の診断・治療(②、④)と末期腎不全の透析導入入院(①、⑤)、さらに保存期腎不全の腎機能低下進行の精査加療入院(③)に分けられます。
#腎炎・ネフローゼについて
腎炎・ネフローゼについては可能な限りまず腎生検を行って正しい診断をつけ、それに基づき治療方針を決定しています。今年は腎生検73例と、例年60-70例に比べるとやや多いですが、腎臓内科でしか行えない領域であり、今後も力を注いでいく方針です。
#保存期腎不全入院、末期腎不全の血液透析導入入院について
慢性腎臓病(CKD)の概念提唱により、腎疾患の患者さんが早期に発見されるようになっています。病診連携(地域のかかりつけ医との連携)、多職種連携(医師と看護師・栄養士・薬剤師などとの連携)によりCKDの進行抑制を主に外来にて取り組んでいますが、糖尿病患者さんの増加と高齢化に伴い、末期腎不全の患者さんは依然、増加傾向です。
免疫血液内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130010xx97x2xx 急性白血病 その他の手術 処置2:化学療法(2) 52 37.75 40.13 0 58.75
130030xx99x40x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 処置2:リツキサン(4) 副傷病なし 49 15.8 16.17 0 74.39
130040xx97x50x 多発性骨髄腫、免疫系悪性新生物 その他の手術 処置2:ファリーダック等(5) 副傷病なし 15 34.6 37.88 6.67 75.13
130040xx99x5xx 多発性骨髄腫、免疫系悪性新生物 手術なし 処置2:ファリーダック等(5) 12 13.58 23.43 8.33 67.75
130030xx97x40x 非ホジキンリンパ腫 その他の手術 処置2:リツキサン(4) 副傷病なし 10 27.4 32.36 0 76.6
免疫血液内科の入院症例で多いのは、急性白血病,非ホジキンリンパ腫、多発性骨髄腫の3疾患です。
急性白血病は、入院期間が30日以上の症例がほとんどです。これは化学療法の強度(薬剤の種類、量)が他の血液疾患と比べて強いためです。当然血球減少もシビアで、輸血の必要な症例がほとんどです。
非ホジキンリンパ腫は、20歳代の若年者から80歳超えの高齢者まで幅広い年齢層の患者さんがおられます。感染症等の合併症に留意しながら有効かつ安全な化学療法を行っています。
またCD20抗体製剤のリツキサンを併用する事で治療成績が向上しています。多発性骨髄腫はここ5年で新規薬剤が次々と使用可能になり、治癒を目指す事ができる様になりました。また高齢者に多い疾患ですので「病気と共存していく」といった観点からの多様な治療方法が開発されてきています。
呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 処置1なし 処置2:化学療法ありかつ放射線療法なし(4) 副傷病なし 59 16 10.00 3.39 73.34
040040xx9905xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 処置1なし 処置2:イレッサ等(5) 47 19.02 19.34 2.13 70.6
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 処置2なし 46 16.43 19.06 19.57 74.09
040040xx99070x 肺の悪性腫瘍 手術なし 処置1なし 処置2:アリムタ(7) 副傷病なし 43 14.88 10.92 2.33 72.42
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 処置2なし 副傷病なし 32 14.78 20.92 21.88 81.16
呼吸器内科では肺癌の患者さんが最も多くなっております。多くの患者さんは、進行した状態か、あるいは再発したために入院されていますので、手術適用はなく、化学療法を主体となります。EGFR遺伝子変異が認められた場合は、イレッサなどの分子標的薬を用いた治療を行います。それ以外では通常の化学療法となることが多く、特に肺腺癌に対しては、アリムタを含む治療レジメンが推奨されているため、症例数が多くなっています。
次に多いのが間質性肺炎です。ほとんどが原因不明の特発性間質性肺炎で、このうち慢性型のものが主体です。慢性経過で呼吸不全に至った症例は比較的少数で、多くは慢性経過中に急性悪化を生じ、重篤な呼吸不全を呈して入院となっております。救急病棟・ICUスタッフや呼吸ケアチームの協力を得て、人工呼吸管理を含めた集中治療を行うこともしばしばあります。 
3番目は肺炎ですが、高齢者を中心とした誤嚥性肺炎症例が最も多くなっています。喀痰検査、血液培養、尿中抗原検査などを適宜行って、原因菌をできるだけ特定し、最も効果的な薬剤を選択できるように取り組んでおります。また、嚥下機能の評価を行い、必要に応じて嚥下訓練も行っています。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080270xxxx1xxx 食物アレルギー 処置1:小児食物アレルギー負荷検査 183 1 2.14 0 2.64
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症 副傷病なし 182 4.88 6.19 1.1 1.1
040100xxxxx00x 喘息 処置2なし 副傷病なし 132 5.05 6.62 4.55 2.95
0400801199x00x 肺炎等 15歳未満または市中肺炎 1歳以上15歳未満 手術なし 処置2なし 副傷病なし 92 4.45 5.71 2.17 3.12
030270xxxxxxxx 上気道炎 82 4.1 4.96 0 1.06
近年の食物アレルギーの患者数の増加に伴い、食物経口負荷試験(約200例/年)を入院の上で積極的に行っています。負荷試験によって、寛容であるか否かのみならず、少量摂取できる閾値の判定や、エピペン処方の必要性などをより正確に判断できるようになります。0才の乳児期からも経口負荷試験を積極的に実施しています。
また小児科では、気管支炎・肺炎や気管支喘息といった呼吸器疾患の症例の入院が多く、比較的低年齢の乳幼児が大半を占めています。平均在院日数は4-6日程度です。全員が軽快して退院しています。
外科・消化器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 処置1なし 処置2なし 副傷病なし 122 6.66 7.30 0 62.7
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア 15歳以上 ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 87 5.53 4.96 1.15 70.34
060035xx01000x 結腸の悪性腫瘍 結腸切除術等 処置1なし 処置2なし 副傷病なし 69 13.71 15.30 1.45 69.96
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 処置1なし 処置2なし 副傷病なし 67 7.93 8.95 0 72.64
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 49 5 5.49 0 38.14
消化器外科で扱っている症例は、大きく分けるとがんに代表される悪性疾患に対する手術と、胆石症,、鼠経ヘルニアなどの良性疾患に対する手術、急性虫垂炎や腸閉塞に代表される腹部救急疾患があります。
がんの中で最も多いのは大腸癌(結腸癌+直腸癌)です。大腸癌は全国的にも年々増加の傾向が見られます。当院では大腸癌に対する手術の約8割を腹腔鏡を用いて行っています。2番目が胃癌です。胃癌に対しても3分の2が腹腔鏡下手術で、昨年よりロボット支援下手術も開始しています。
良性疾患で最も多い症例は、胆嚢結石症や胆嚢炎に対して腹腔鏡下胆嚢摘出術を行った症例です。待期手術ではほぼ全例、緊急手術では3分の2の症例を腹腔鏡下手術で行っています。鼠経ヘルニア手術も3分の2の症例を腹腔鏡下手術で行っています。
救急疾患では急性虫垂炎の症例が多く、虫垂切除術も殆どを腹腔鏡下手術で行っています。また、癒着による腸閉塞の症例も外科で診療していますが、その多くは保存的に治療しています。
乳腺外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx01x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術等 処置2なし 78 9.91 10.59 0 61.88
090010xx02x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 処置2なし 29 7.34 6.23 0 64.86
090020xx97xxxx 乳房の良性腫瘍 その他の手術 24 3.25 4.02 0 41.71
090010xx99x6xx 乳房の悪性腫瘍 手術なし 処置2:アブラキサン等(6) 14 3.07 4.15 0 59.21
090010xx99x8xx 乳房の悪性腫瘍 手術なし 処置2:パージェタ(8) 11 7.18 5.34 18.18 57.18
乳腺外科では、乳がんをはじめとした乳腺疾患に対する手術と、抗がん剤や放射線による乳がん治療の一部を入院にて行っています。抗がん剤治療は初回を入院で行うことがあります。入院することにより治療前のオリエンテーションを余裕を持って行うことができ、また思わぬ有害反応にも入院することにより十分な対応が可能です。HER2陰性進行乳がんに対するアバスチン+パクリタキセル療法、HER2陽性乳がんに対するパージェタ、ハーセプチンを用いた治療を入院で開始しています。入院日数は通常3日間です。
乳がんの手術は大きく乳房切除と乳房部分切除に分けられます。また、腋窩リンパ節の切除はセンチネルリンパ節生検とリンパ節郭清に分けられます。おおよその内訳は乳房切除が6割、乳房部分切除が4割となっております。近年は乳房切除となっても同時に、または二期的に乳房再建を行う症例が増加しており、根治性と整容性を兼ねた手術が可能となっています。
入院日数は乳房部分切除で5~8日間、乳房切除で9~11日間ほどで、早期に退院し、日常の生活への復帰が可能です。
呼吸器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 その他の手術 処置2なし 122 12.64 11.87 1.64 70.12
040200xx01x00x 気胸 肺切除術等 処置2なし 副傷病なし 58 8.97 10.08 0 34.78
040150xx97x00x 肺・縦隔の感染、膿瘍形成 その他の手術 処置2なし 副傷病なし 23 30.52 31.09 30.43 68.65
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 処置1なし 処置2:化学療法ありかつ放射線療法なし(4) 副傷病なし 17 10.82 10.00 0 65.71
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 処置1:気管支ファイバースコピー等 処置2なし 16 3.81 3.43 0 72.38
呼吸器外科で最も多く治療に当たる疾患は肺癌を中心とする肺悪性腫瘍で、次に気胸・膿胸となります。肺悪性腫瘍手術は地域的に高齢者が多いこともあり、80歳以上の高齢者手術比率が高い特徴があります。また術後補助療法を中心とする化学療法は外来もしくは入院で行っています。当院には結核病床があるため、慢性・急性膿胸含めた肺感染症外科治療を行うことも多いです。また、縦隔リンパ節病変に対する検査や肺悪性腫瘍による気道狭窄も扱うことから、超音波気管支鏡検査やステント留置といった気管支鏡検査・治療も行います。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 92 27.95 26.30 83.7 78.97
070230xx01xxxx 膝関節症 人工関節再置換術等 42 25.6 24.26 54.76 75.12
07040xxx01xxxx 股関節骨頭壊死、股関節症 人工関節再置換術等 38 25.74 22.27 42.11 68.87
160760xx97xxxx 前腕の骨折 その他の手術 31 4.26 5.68 6.45 39.74
160740xx01xx0x 肘関節周辺の骨折・脱臼 骨折観血的手術 肩甲骨、上腕、大腿等 副傷病なし 27 7.93 5.55 7.41 35.81
当院を受診される方々の高齢化が進んで骨粗鬆症の人が増えたため、また当院は地域の中核病院で救急医療を行っているため、高齢者の股関節骨折の受診や搬送が多くなっています。ほとんどの患者さんには手術の適応がありますが、他の疾患を合併していることが多いので、できるだけ速やかに手術を行って全身状態の悪化を未然に防ぎ、受傷前の歩行能力を取り戻すことを目指しています。術後は地域連携パスを活用し、転院を進めて空きベッドが確保できるように、また患者さんにとってはリハビリテーションの継続が円滑に行えるよう努めています。二次骨折の予防にも取り組んでいます。
高齢者の増加とともに膝や股関節を悪くした患者さんの受診や紹介が多く、また高いQOLを求められることが多いため、人工膝関節・人工股関節の症例が多くなっています。術後は十分にリハビリテーションをして出来るだけ当院で完結して自宅に退院できることを目指していますが、独り暮らしや術前の歩行能力が低い患者さんには、地域のリハビリ病院に転院してリハビリが継続できるよう配慮しています。
骨粗鬆症に関連して高齢者の手首の骨折症例が多く、機能障害を出来るだけ残さないために手術を行うことが多くなっています。
小児の肘周囲骨折、手関節骨折の救急症例も多くなっています。
トップ5には入っていませんが、脊椎の手術も行っており、上記以外の疾患や外傷にも幅広く対応しています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010030xx9910xx 未破裂脳動脈瘤 手術なし 処置1:動脈造影カテーテル法 処置2なし 32 3.81 3.02 0 67.56
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術 処置2なし 副傷病なし 28 9.54 9.69 21.43 79.86
010070xx9912xx 脳血管障害 手術なし 処置1:動脈造影カテーテル法 処置2:SPECT等(2) 28 5.64 5.32 0 58.86
010040x099000x 非外傷性頭蓋内血腫 JCS10未満 手術なし 処置1なし 処置2なし 副傷病なし 27 17.48 18.72 62.96 70.41
010070xx9910xx 脳血管障害 手術なし 処置1:動脈造影カテーテル法 処置2なし 19 3.74 3.16 0 76.32
脳動脈瘤が破裂するとくも膜下出血をきたし、致命的になる恐れがあります。MRIなどにて破裂する前に発見され、十分相談のうえ治療を希望される場合、開頭せず大腿動脈からカテーテルという細い管を通し、脳動脈瘤をコイルで閉塞する手術を行います。くも膜下出血をきたし救急搬送された場合も、同様の手技にて緊急手術を行います。また、開頭し、クリップという金属にて脳動脈瘤の根元を閉塞する開頭クリッピングという手術も必要に応じて行っています。
頭部外傷後、数カ月経過すると慢性硬膜下血腫という頭蓋と脳との間に血腫が貯留し、徐々に増大する疾患がありますが、局所麻酔にて血腫を除去し、治癒します。
当院脳神経外科では、脳卒中(脳梗塞、くも膜下出血、脳出血)、脳腫瘍、頭部外傷などの疾患に対応しており、血管内治療、開頭手術など必要に応じて使い分け、低侵襲で安全かつ効果的な治療を目指しております。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 処置1なし 処置2なし 242 5.53 7.20 2.89 74.01
110080xx991x0x 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 処置1:前立腺針生検法 副傷病なし 195 2.43 2.53 0 70.44
110070xx99x20x 膀胱腫瘍 手術なし 処置2:化学療法(2) 副傷病なし 53 9.6 10.97 0 68.17
110080xx01xxxx 前立腺の悪性腫瘍 前立腺悪性腫瘍手術等 41 13.29 12.63 0 68.27
110060xx99x20x 腎盂・尿管の悪性腫瘍 手術なし 処置2:化学療法(2) 副傷病なし 34 9.15 10.99 0 71.59
泌尿器科で入院する患者で最も多い疾患は膀胱がんで、尿道から内視鏡を入れて膀胱がんを切除します(経尿道的手術)。筋層浸潤がんでは追加治療が必要で、手術前に抗がん剤治療をしてがんを小さくしてから腹腔鏡手術で膀胱を摘出します。次に多い疾患はわが国の男性の生涯罹患率が10%を越えている前立腺がんで、健診などでPSAが高値であった方は前立腺生検をしてがんの有無を確認します。前立腺に限局しているがんは75歳以下であればロボット支援腹腔鏡下手術を行っています。ロボット支援手術は拡大視野で、従来の腹腔鏡手術に比べてより精緻な操作が可能ですので勃起神経の温存や術後尿失禁の低減などより患者さんにやさしい手術となっています。当院は国指定のがん拠点病院ですので多くのがん患者さんの治療を重点的に行っており、泌尿器科では腎盂尿管がんや膀胱がんの抗がん剤治療も積極的に行っています。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080010xxxx0xxx 膿皮症 処置1なし 54 9.7 12.51 1.85 62.41
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 42 8.02 8.98 0 60.83
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 処置1なし 20 4.3 4.05 0 57.5
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍 皮膚悪性腫瘍切除術等 処置2なし 15 9.13 8.16 0 78.07
080190xxxxxxxx 脱毛症 10 3.9 3.52 0 50.6
皮膚科の入院で一番多いのが、蜂巣炎(蜂窩織炎)のような急性膿皮症(細菌による皮膚感染症)です。抗生剤の点滴加療が必要な場合に入院にて加療を行い、必要時には切開術を施行しております。2番目に多い帯状疱疹では、ステロイド剤や免疫抑制剤を内服されている場合、あるいは顔面・頭部の場合は積極的に入院での点滴加療を行っております。
皮膚の良性新生物は類表皮嚢腫や脂肪腫など、悪性腫瘍では基底細胞癌やボーエンなどに対して、術後安静のために短期間入院加療しております。
脱毛症に対しては発症6ヶ月以内の急速に進行する場合については入院にてステロイドパルス療法を行っております。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 164 13.21 9.87 0 45.52
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む) 腹腔鏡によるもの等 101 6.69 6.28 0.99 45.54
120100xx02xxxx 子宮内膜症 腹腔鏡下腟式子宮全摘術等 67 6.51 6.75 0 37.15
120060xx02xxxx 子宮の良性腫瘍 腹腔鏡下腟式子宮全摘術等 66 8.65 6.16 0 41.98
120170xx99x0xx 早産、切迫早産 手術なし 手術・処置等2 なし 40 18.72 19.69 0 31.78
産婦人科では、神戸市西区を中心に、広く播磨、但馬、淡路地区からも多数の患者さんが受診されています。
子宮筋腫、子宮腺筋症などの子宮良性腫瘍症例は、可能な限り膣式手術や腹腔鏡を用いた低侵襲手術を心がけており、これらで対応不可能な症例は、開腹手術となっています。卵巣良性腫瘍や子宮内膜症症例は、予定手術のみならず緊急手術の際にも可能な限り創が小さく入院期間も短い腹腔鏡手術を行っています。
切迫早産管理については、小児科の協力のもと、妊娠30週以上の早産症例に対応しております。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx1 白内障、水晶体の疾患 その他の手術 両眼 264 5.94 5.39 0 76.11
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 その他の手術 片眼 153 3.15 2.84 0 71.41
020220xx97xxx0 緑内障 その他の手術 片眼 51 8.86 8.00 1.96 71.49
020200xx9710xx 黄斑、後極変性 その他の手術 処置1:水晶体再建術 処置2なし 29 8.9 7.05 0 67.21
020160xx97xxx0 網膜剥離 その他の手術 片眼 22 10.77 9.75 0 55.91
眼科の入院で多いのは、その疾患の多さと実績から白内障が最多ですが、当院の特徴として緑内障や網膜硝子体疾患の手術目的の患者さんも多数おられます。
白内障は両眼手術の場合は、5泊6日の入院です。両眼であれば月曜日入院、火曜日と木曜日に片眼ずつ手術を受けていただき、土曜日の退院です。片眼手術の場合は、2泊3日の入院です。月曜日入院、火曜日手術、水曜日退院、もしくは水曜日入院、木曜日手術、金曜日退院です。入院の指標には示されておりませんが、白内障手術は入院か外来かを選択できますので、日帰りの外来手術をご希望の場合は、付き添いの方が確保していただき、病状を含めて医師と相談していただければ対応致します。多くの緑内障は点眼などの保存的治療を外来通院で行いますが、保存的治療の効果がなく眼圧依存性に進行する症例や、病型によって手術が必要となる患者さんが入院手術の対象です。病状や術式によって、入院期間は数日から8日程度と異なります。網膜硝子体疾患は黄斑円孔、黄斑前膜などの視力に直結する黄斑部の疾患を含み、糖尿病網膜症や網膜剥離といった放置すれば失明に至る疾患を、地域の医療機関からのご紹介を通じて積極的に受け入れています。網膜硝子体疾患は疾患や病状によりますが、7日から12日程度の入院期間となります。
特殊な症例を除き、全ての手術を小切開で低侵襲の手術を選択しています。緑内障や網膜硝子体疾患も、放置すれば失明を含めて視機能の重篤な損失を招く疾患であり、それらの治療に力をいれています。
耳鼻いんこう科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 64 7.95 7.04 0 53.63
030240xx01xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 扁桃周囲膿瘍切開術等 59 7.05 7.27 0 42.98
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし 55 6.2 5.43 1.82 48.22
030150xx97xxxx 耳・鼻・口腔・咽頭・大唾液腺の腫瘍 その他の手術 50 7.28 7.37 0 56.02
030440xx01xxxx 慢性化膿性中耳炎・中耳真珠腫 鼓室形成手術 37 7.11 8.29 0 46.97
当科では慢性副鼻腔炎の方には、積極的に内視鏡下鼻内手術を行っています。平成27年度から副鼻腔専用のナビゲーションシステムを導入しましたので、より安全な手術が行えるようになりました。症例も当科内では最大となりました。
救急疾患として喉の急性炎症の患者さんを多く診療しています。このため症例数が多くなっています。ほとんどが初診当日入院です。扁桃周囲膿瘍や急性咽喉頭炎の方の一部は、呼吸困難へ進む可能性がありますので、入院での治療をおすすめしています。
頭頸部外科の症例として甲状腺、唾液腺を含む頸部腫瘍の手術を行っています。
耳疾患の方にも積極的に外科的治療を行っています。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160200xx0200xx 顔面損傷 鼻骨骨折整復固定術等 処置1なし 処置2なし 26 4.23 5.37 0 33.38
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 処置1なし 16 3.69 4.05 0 44.13
100100xx97x0xx 糖尿病足病変 その他の手術 処置2なし 11 23.91 23.88 18.18 66.91
050180xx02xxxx 静脈・リンパ管疾患 下肢静脈瘤手術等 10 3.5 2.85 0 69.1
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍 皮膚悪性腫瘍切除術等 処置2なし - - - - -
形成外科では、いわゆるケガの治療から顔面骨折の治療、皮膚腫瘍の治療など幅広い分野で診療を行っています。
顔面骨骨折については、鼻骨や頬骨、眼窩骨折などで治療を担当しています。頻度として鼻骨骨折の割合が多く、骨折の形態により外来もしくは入院で治療をしています。皮膚、皮下腫瘍摘出術ですが、特に顔面や四肢など整容面が問題となる部位の手術を得意としています。皮膚悪性腫瘍の治療においては、根治面に重点をおきつつ、整容面にも配慮した手術を行っています。糖尿病足病変については、病態を精査したうえで外科的治療と保存的治療を組み合わせ、「歩行を守る」ことを重視した治療を行っています。下肢静脈瘤については、大伏在静脈ストリッピング術の割合が高くなっています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 114 8 23 68 11 76 1 7
大腸癌 56 44 49 57 5 48 1 7
乳癌 43 70 2 8 1 36 1 7
肺癌 101 28 45 115 18 209 1 7
肝癌 18 5 3 4 6 98 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
<胃癌、大腸癌、肝癌について>
全国のがん登録と比較すると、胃癌はⅠ期、Ⅱ期が少なくⅣ期が多くなっています。大腸癌でもⅣ期が多くなっています。(0期が少ないのは外来症例が含まれていないからです) このように、当院では胃癌・大腸癌に関しては比較的進行した患者さんが多い傾向にあります。
早期胃癌で内視鏡治療が可能な症例では、積極的にESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)を実施しています。進行した癌に対しては手術治療(腹腔鏡手術・開腹手術)と薬物治療(抗がん剤)、放射線治療を組み合わせて最適な治療法を選択しています。再発例に対しても化学療法を適切に行っています。Ⅳ期に相当する肝転移症例に対しても積極的に手術治療を行っています。
大腸癌でも胃癌と同様に適応を見きわめて、内視鏡治療、手術、化学療法、放射線治療などから最適な治療法を選択して実施しています。再発例に対する化学療法も適切に行っています。
肝癌はB型肝炎、C型肝炎の治療の進歩とともに初発の症例は非常に少なくなっており、多くは再発症例であり、またⅠ期が多い傾向にあります。C型肝炎が内服薬によって治癒し、B型肝炎が内服薬の継続で進行を止める事ができるようになり、肝癌の症例数は減っていますが、丁寧に画像診断を続けていくことで、早期に肝癌を発見できラジオ波焼灼などの局所治療を実施しています。再発例に対しては、放射線診断科と連携してTACE(肝動脈化学塞栓療法)や化学療法を適切に行っています。また、再発症例に対しては、内科的治療のみならず、外科的治療も積極的に行っています。

<乳癌について>
神戸市立西神戸医療センターにおける乳がん症例のUICC病期分類別の内訳は表の通りで、頻度では0期: 12%、Ⅰ期: 24%、Ⅱ期: 38%、Ⅲ期: 3%、Ⅳ期: 4%となります。これらはがん診療拠点病院院内がん登録の全国集計と概ね同じであり、早期がんから進行癌まで偏りなく診療を行っていることを示しています。早期乳がんに対しては積極的に乳房温存術および乳房再建を併施した乳房切除を行っています。さらに進行がんや再発乳がんに対しては分子標的治療薬をはじめ新規抗腫瘍剤を取り入れた薬物療法を行っています。また、乳房温存術後の放射線治療、骨転移や脳転移を来した再発患者さんに対する放射線治療も積極的に行っています。このような取り組みにより、乳がん患者さんのQuality of lifeを保ちつつ治療成績の向上を目指しています。

<肺癌について>
昨年に比べて取り扱う肺癌症例数は大幅に増加していますが、具体的には初発症例の増加です。初発症例ではⅠ期とⅣ期が特に増加しています。Ⅰ~Ⅱ期については、健診などで偶然に発見された早期癌で、外科切除目的で入院された患者さんが大多数を占めます。
通常は胸腔鏡手術で行う肺癌手術ですが、単孔式胸腔鏡手術やロボット支援胸腔鏡手術を開始しており、更に低侵襲手術が選択可能となっています。また、高齢であることや併発症が多い場合でも、胸腔鏡下に縮小手術にて切除を行いうることが多く、より広く手術を行うことが可能となっています。また、外科切除が困難である場合は放射線治療を行うこともあります。Ⅲ期症例も増加してきています。根治切除が可能と判断されれば、化学療法と放射線照射を併用して行った後に外科切除を行うこともあれば、薬物療法を追加する場合もあります。根治切除は困難だが、根治照射は可能であれば、化学療法と放射線照射の併用。根治照射も困難であれば化学療法のみと選択肢が分かれます。Ⅳ期での治癒は望めませんが、QOLをできる限り保ちつつ、生存期間を延長することが目標となり、薬物療法が主体となります。以前から使用されている細胞障害性抗癌剤に加え、適応がある患者さんには分子標的薬での治療や免疫療法も行います。これらの集学的治療方針は、呼吸器内科、呼吸器外科、放射線治療科による合同カンファレンスにて決定します。また、再発には色々なパターンがありますが、進行癌のために薬物療法を繰り返し行っている患者さんや、術後に再発した患者さんが多くを占めています。当院では適切な治療を提供できる体制と設備があり、肺癌については、呼吸器内科・呼吸器外科・放射線治療科・緩和ケア内科が互いに協力して診療に当たっています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 16 7.81 56
中等症 56 15.02 78.36
重症 22 13.91 84.68
超重症 - - -
不明 - - -
重症度別の治療の目安は以下のとおりです。
軽 症:外来治療
中等症:外来治療か入院治療かのどちらか
重 症:入院治療
超重症:入院して集中治療室で治療

患者数は、ICD-10という疾病分類でJ13~J18$(肺炎)に分類される場合を集計しています。※誤嚥性肺炎等は除く。
当院では、重症度レベルが中等症の患者数が最も多く、全体の約56%になります。軽症は外来治療が基本ですが、悪性腫瘍をはじめとした既往のある患者さんは、肺炎の重症化予防のため、入院で治療を行う場合もあります。重症度が高い区分では、平均年齢が高く、平均在院日数も長くなる傾向にあります。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 143 21.2 76.82 47.71
その他 10 18.7 69.5 2.61
患者数は、ICD-10という疾病分類でI63$(脳梗塞)に分類される場合を集計しています。発症後3日以内の急性期脳梗塞が全体の93.46%と9割以上を占めています。全体では46.4%が救急車で搬送されています。これは前年度と同様の傾向が見られます。
急性期脳梗塞の患者さんの平均年齢は75歳以上となっており、いわゆる後期高齢者の方が多くなっています。平均在院日数も20日を超えて長いのも特徴です、入院期間には治療とリハビリを行うことで、脳梗塞によって低下したADL(日常生活動作)を高めています。
退院先は、自宅もしくは施設へ退院される方もいらっしゃいますが、継続したリハビリを必要とされる方も多く、リハビリを専門とする病院へ転院される方も多くなってきています。転院率が高くなっているのは、当院では脳卒中地域連携パスを導入しており、地域医療機関との連携による結果だと考えています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他のもの) 130 1.49 2.85 2.31 72.49
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 59 1.19 2.32 0 77.44
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症に対するもの) 49 0.04 8.96 4.08 73.33
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極の場合) 35 2.57 8.29 5.71 78.54
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞に対するもの) 21 0 10.52 4.76 70.24
(1)(3)(5)循環器内科では、虚血性心疾患(心筋梗塞,狭心症など)に対するカテーテル治療(経皮的冠動脈ステント留置術、経皮的冠動脈形成術)の症例数が多くなっています。心臓カテーテル治療は手首、腕や足の血管(動脈)から心臓まで管(カテーテル)を通し、心臓の血管(冠動脈)の狭くなった部分を拡げる治療です。治療のタイミングは患者さんの病状によって異なります。(5)急性心筋梗塞の患者さんは救急受診後90分以内に治療が行えるように心がけていますし(急性心筋梗塞に対するもの)、(3)病状が不安定な患者さんは少なくとも入院後24時間以内に治療を行っています(不安定狭心症に対するもの)。これらの患者さんは治療後にリハビリを行い、1〜2週間後に退院しています。(1)病状の安定している患者さんは前日に入院し、治療後1〜2日で退院していただいています(その他のもの)。
(2)下肢の動脈硬化が原因で歩行時に痛みが出たり、足の傷が治りにくくなっている患者さんに対しては、風船やステントを使って血管を拡張する治療を行っています。件数は年々増えてきています。
(4)徐脈性不整脈で失神や心不全を伴う患者さんにはペースメーカー移植術を行っています。移植後は半年に1回ペースメーカー外来でチェックを行い,ペースメーカーの電池が消耗した場合にはペースメーカー交換術を行っています。(移植術、交換術を合わせて、年間40〜50症例です。)
脳神経内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む。) 17 20.18 19.71 76.47 77.41
K664-2 経皮経食道胃管挿入術(PTEG) - - - - -
K664-3 薬剤投与用胃瘻造設術 - - - - -
K6181 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(四肢に設置した場合) - - - - -
K386 気管切開術 - - - - -
脳神経内科での手術では、胃瘻造設術が最も多くなっています。脳血管障害や変性疾患で、経口摂取が不可能となった患者さんに胃瘻の造設が行われます。全例、内視鏡的胃瘻造設術(PEG)が行われていますが、胃切除後など、PEG造設が不可能な場合は、経皮経食道胃管造設(PTEG)を行っています。実際のPEG、PTEG造設は消化器内科にて行っています。また、最近では、パーキンソン病に対して、Lドパ持続経腸療法を行っています。
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満) 397 1.01 1.11 0.25 69.75
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 85 3.48 7.61 14.12 78.07
K6532 内視鏡的胃ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 等 64 1.25 4.77 0 73.58
K6871 内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみのもの) 等 61 1.39 5.46 3.28 69.13
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 61 1.31 4.77 1.64 73.62
消化器内科における手術件数トップは、内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術でした。当院では、大腸内視鏡検査を数多く行っており、多くの大腸ポリープが発見されます。その結果、内視鏡的切除を行う件数も多くなっています。
次いで多かったのは、内視鏡的胆道ステント留置術でした。膵頭部がんや胆道がんでは閉塞性黄疸となることが多く、手術や抗がん剤治療を実施するにしても、まずは減黄術(黄疸をなくすこと)が重要です。内視鏡的胆道ステント留置術は代表的な減黄術です。
3番目は、症例数でも上位を占めた早期胃がんに対して実施しているESD(粘膜下層切開剥離術)でした。院内で発見したものに加え、地域医療機関より多くの患者さんをご紹介頂いて実施しています。
4番目は、内視鏡的乳頭切開術です。症例数で最も多かった総胆管結石症などで実施する手術で、内視鏡を用いて胆汁の出口である十二指腸乳頭を電気メスの一種で切り開くことを言います。これにより結石を取り出しやすくなります。
5番目は、血管塞栓術(肝動脈化学塞栓療法)です。肝細胞がんの患者さんで、多発する場合または局所治療が困難な場合が適応です。放射線診断科と協働して実施しています。
腎臓内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K610-3 内シャント設置術 25 17.64 20.08 32 73.04
K635-3 連続携行式腹膜灌流用カテーテル腹腔内留置術 - - - - -
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 - - - - -
K6147 血管移植術、バイパス移植術(その他の動脈) - - - - -
- - - - - - -
シャントは血液透析を行うのに必要な血液の取り出し口ですが、内シャント設置術や経皮的シャント拡張術(PTA)などシャント関連処置は、主に近隣のシャント専門クリニックの協力のもとに行われています。
免疫血液内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6112 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(四肢) 16 13.19 40.13 0 67.5
K6181 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(四肢に設置した場合) 12 16.25 11.08 16.67 77.92
K154-3 定位脳腫瘍生検術 - - - - -
K6261 リンパ節摘出術(長径3センチメートル未満) - - - - -
K136 脊椎悪性腫瘍手術 - - - - -
免疫血液内科で最も多い症例は抗がん剤注入用の植込型カテーテルの挿入です。
このカテーテルは抗がん剤を漏出なしに安全に投与する他、輸血用ルートとして、また抗生剤等他の薬剤の投与ルートとしても用いられます。
一度挿入すると感染症等のトラブルが無ければ12~36ヶ月の期間使用が可能です。当然入院のみならず外来での継続使用にも問題はありません。
呼吸器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6181 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(四肢に設置した場合) 10 26.1 11 70 75.6
K6151 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(止血術) - - - - -
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む。) - - - - -
K6112 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(四肢) - - - - -
- - - - - - -
様々な疾患による全身状態の悪化や、高齢化に伴う嚥下機能の廃絶などで経口摂取不能となった患者さんで、長期間の栄養管理を要するが経腸栄養は困難と判断された症例では中心静脈栄養が適応となります。また、薬剤の経静脈投与を要するが、末梢静脈ルート確保が困難となった場合も中心静脈ルート確保が必要となります。この場合、静脈ポート留置を行うことが多くなっています。前胸部や前腕部の深部静脈からカテーテルを挿入・留置。次に皮膚を数cm切開してポートを埋め込む場所を作成。カテーテルとポートを連結し、それを皮下に埋め込み、切開部位の皮膚を縫合して留置手術を終了します。当院では放射線診断科の医師により施行されています。
小児科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9131 新生児仮死蘇生術(仮死第1度のもの) 19 0 11.21 5.26 0
K7151 腸重積症整復術(非観血的なもの) - - - - -
K9132 新生児仮死蘇生術(仮死第2度のもの) - - - - -
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) - - - - -
K060-31 化膿性又は結核性関節炎掻爬術(股) - - - - -
入院による処置が必要な小児科の患者さんでは、新生児仮死蘇生術と腸重積整復術が多くなっています。予定日に近い分娩においても、予期せぬ仮死状態で出生することがあり、その場合には緊急で蘇生術を行って入院加療をしています。医師、助産師、看護師は新生児蘇生講習会を受講しています。
腸重積症は、生後6か月から4歳ごろに好発する疾患で、嘔吐、腹痛、血便などで発症します。重積した腸を整復する処置を行って入院する必要のある重要な疾患です。
外科・消化器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 143 1.49 4.89 0.7 63.06
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 56 2.91 8.89 0 69.34
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 50 1.56 2.92 2 70.04
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 47 0.45 3.6 0 39.47
K6335 ヘルニア手術(鼠径ヘルニア) 38 1.13 3.58 0 71.18
消化器外科の手術では腹腔鏡下胆嚢摘出術が最も多くなっています。急性胆嚢炎に対しても、早期に腹腔鏡下胆嚢摘出術を行うことによって、術前・術後在院日数の短縮が認められます。
急性虫垂炎に対する虫垂切除術も9割が腹腔鏡下手術で行っています。
鼠径ヘルニアの手術も年々増加しています。その3分の2を腹腔鏡下手術で行っており、従来の方法に比べて術後在院日数が1日短くなっています。
悪性腫瘍に対する手術では腹腔鏡下結腸悪性腫瘍手術が最も多くなっています。腹腔鏡下手術は従来の開腹手術に比べて術後の回復が早く、術後9日で退院しています。
このように、当院では良性、悪性の疾患を問わず、積極的に腹腔鏡下手術を行って、術後の在院日数の短縮に努めています。
乳腺外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K4763 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩部郭清を伴わないもの)) 39 1.28 7.26 0 62.56
K4765 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩鎖骨下部郭清を伴うもの)・胸筋切除を併施しないもの) 30 1.47 8.13 0 60.77
K4762 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの)) 30 1.37 5.03 0 64.97
K4741 乳腺腫瘍摘出術(長径5センチメートル未満) 13 1 1.38 0 40.08
K474-2 乳管腺葉区域切除術 10 1 1 0 46.3
当院においては、乳がんに対する手術はもちろん、線維腺腫や乳管内乳頭腫といった良性乳腺腫瘤の手術も行っております。乳がんにおいては腋窩リンパ節郭清を伴わない乳房切除術を39例、腋窩リンパ節郭清を伴う乳房切除を30例、腋窩リンパ節郭清を伴わない乳房部分切除を30例、行っております。そしておもに線維腺腫に対する乳腺腫瘍摘出術を13例、乳管内乳頭腫に対する乳管腺葉区域切除を10例行っております。
呼吸器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超えるもの) 等 64 2.63 10.67 3.13 69.03
K5131 胸腔鏡下肺切除術(肺嚢胞手術(楔状部分切除によるもの)) 61 3.7 5 1.64 37.36
K514-22 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(区域切除) 27 2.56 10.48 7.41 71.22
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(部分切除) 25 2.16 10.56 8 73.04
K488-4 胸腔鏡下試験切除術 14 2.21 4.57 0 61.86
呼吸器外科で多い術式は肺悪性腫瘍に対する 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術で、拡大手術以外ではほとんどの手術は完全胸腔鏡下手術で行いますが、更に低侵襲である単孔式胸腔鏡手術を導入しています。またロボット手術も肺癌に対して行っています。肺癌に対しては標準手術である肺葉切除が多くを占めますが、その他早期癌に対しては肺機能を温存した縮小手術として胸腔鏡下区域切除も多く行っています。それぞれ、入院日数は経年的に徐々に短期間となってきており、今後も更に短くなると予想されます。次に多いのは気胸に対する胸腔鏡下肺切除術ですが、若年者に対する以外に高齢者の続発性気胸も多数扱っています。若年者では適応がある場合には入院後速やかに手術を行い、術後2日程度で退院となります、高齢者の続発性気胸においては難治性の場合には手術を選択しますが、合併症も少なく、術後は速やかに退院されます。他術式含めて術後在院日数は減少しています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術(膝) 等 87 2.89 23.05 48.28 71.95
K0461 骨折観血的手術(大腿) 等 82 4.15 18.62 63.41 73.39
K0462 骨折観血的手術(下腿) 等 33 2.97 12.7 30.3 59.39
K0811 人工骨頭挿入術(股) 等 32 6.75 23.19 93.75 79.38
K0463 骨折観血的手術(鎖骨) 等 27 2.74 6.85 7.41 58.78
当院を受診される方々の高齢化が進んで膝や股関節を悪くした患者さんの受診や紹介が多く、また高いQOLを求められることが多いため、人工膝関節・人工股関節の症例が多くなっています。術後は十分にリハビリテーションをして出来るだけ当院で完結して自宅に退院できることを目指していますが、独り暮らしや術前の歩行能力が低い患者さんには、地域のリハビリ病院に転院してリハビリが継続できるよう配慮しています。
高齢者の増加とともに骨粗鬆症の人が増えたため、また当院は地域の中核病院で救急医療を行っているため、高齢者の股関節骨折の受診や搬送が多くなっています。ほとんどの患者さんには手術の適応がありますが、他の疾患を合併していることが多いので、できるだけ速やかに手術を行って全身状態の悪化を未然に防ぎ、受傷前の歩行能力を取り戻すことを目指しています。術後は地域連携パスを活用し、転院を進めて空きベッドが確保できるように、また患者さんにとってはリハビリテーションの継続が円滑に行えるよう努めています。二次骨折の予防にも取り組んでいます。
骨粗鬆症に関連して高齢者の肩や手首の骨折症例が多く、機能障害を出来るだけ残さないために手術を行うことが多くなっています。
これは高齢者に限りませんが、鎖骨骨折や膝蓋骨骨折、手足の骨折の手術症例が多くなっています。
トップ5には入っていませんが、脊椎の手術も行っており、上記以外の疾患や外傷にも幅広く対応しています。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 33 1.55 8.27 18.18 78.27
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他のもの) 26 8.96 31.12 7.69 58.23
K1781 脳血管内手術(1箇所) 17 2.53 16.94 17.65 62.94
K6101 動脈形成術、吻合術(頭蓋内動脈) 13 5.38 15.23 23.08 53.77
K609-2 経皮的頸動脈ステント留置術 - - - - -
(1) 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術:ご高齢の方の場合、軽度の頭部外傷でも数ヶ月後に脳と脳を包む硬膜という膜の間に血が溜まって血腫となり、徐々に増大する慢性硬膜下血腫という病気があります。半身麻痺やボケのような症状で見つかることが多く、放置すれば命に関わりますが、局所麻酔下に小さな穴から血腫を除去する手術で良くなります。
(2) 頭蓋内腫瘍摘出術:当院では、悪性脳腫瘍から良性脳腫瘍まで多くの脳腫瘍を治療の対象としております。ニューロナビゲーションという手術支援装置を用い、腫瘍の位置をピンポイントに捉え、正常組織や重要血管との位置関係を正確に把握し、手術顕微鏡とともに内視鏡を使用して、安全で正確、さらに低侵襲な手術を施行しております。
(3) 脳血管内手術:カテーテルという細い管を通して脳動脈瘤の中にプラチナのコイルを挿入し詰めてしまう手術です。これにより、開頭手術よりも低侵襲の操作で脳動脈瘤破裂によるくも膜下出血を予防することができます。
(4) 動脈形成術、吻合術(頭蓋内動脈):頭皮の浅側頭動脈と脳の動脈(中大脳動脈など)を髪の毛よりも細い糸を使って吻合し脳血流を増やす手術です。これにより、内頚動脈や中大脳動脈の閉塞による脳梗塞の慢性期において、将来の脳梗塞再発を予防することができます。
(5) 経皮的頸動脈ステント留置術:頚部の内頚動脈狭窄症に対し、大腿動脈からカテーテルという細い管を通し、狭窄部を風船付カテーテルで拡張し、ステントと呼ばれる金網でできた筒のような器具を留置し、狭窄を解除する手技です。これにより脳梗塞を予防します。頚部を切開して行う頚動脈内膜剥離術という手術による治療法もあり、この2つの方法を状態に応じて使い分け、最適の治療を行なっております。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他のもの) 135 1.11 3.56 2.22 74.44
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用のもの) 110 1.15 3.49 3.64 73.28
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 62 1.39 8.69 9.68 73.9
K843-4 腹腔鏡下前立腺悪性腫瘍手術(内視鏡手術用支援機器を用いるもの) 40 2.63 9.55 0 68.43
K773-2 腹腔鏡下腎(尿管)悪性腫瘍手術 39 3 9.97 0 72.23
泌尿器科で最も多い手術は尿道から内視鏡を入れて膀胱がんを切除する経尿道的膀胱腫瘍切除術(TUR-Bt)です。最近では生理食塩水を用いたバイポーラーTURを用いることでより繊細な切除が可能になりました。筋層浸潤がんの場合は追加治療を行います。当院は2次救急病院ですので、尿管結石による尿管閉塞で尿路敗血症の患者さんが多く搬送されてきます。また、近隣施設で発症した尿路閉塞の患者さんの転院依頼も引き受けています。尿路敗血症は重篤化すると死亡する可能性がありますので、緊急で尿路閉塞解除のため経尿道的尿管カテーテル留置術を多く行っています。尿路閉塞解除に成功すると抗生剤治療がより効果的に行えますので炎症が落ち着いたら一旦体力が回復するまで待機していただき、結石治療を行います。
次に多い手術は限局性前立腺がんに対するロボット支援腹腔鏡下前立腺全摘除術です。がんの再発リスクを考慮して高リスクの場合は拡大リンパ節郭清を行っています。
また、腎臓がんや腎盂尿管がんのほとんどは腹腔鏡下に摘除しており、手術翌日から食事や歩行が可能です。4cm以下の小さい腎臓がんはロボット支援腹腔鏡下腎部分切除術を行っており、根治性を損なう事なくより低侵襲手術となっています。
皮膚科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) 15 1 5.93 0 77.87
K0063 皮膚,皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径6㎝以上,12㎝未満) - - - - -
K0062 皮膚,皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3㎝以上,6㎝未満) - - - - -
K0053 皮膚,皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径4㎝以上) - - - - -
K0052 皮膚,皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2㎝以上,4㎝未満) - - - - -
皮膚科では基底細胞癌・ボーエン病といった皮膚悪性腫瘍や、類表皮嚢腫、脂肪腫のような皮膚良性腫瘍の手術を短期間の入院で行っております。良性腫瘍でリスクの少ない場合は外来での手術も多く施行しております。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K877 子宮全摘術 157 2.51 10.22 0 48.83
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡によるもの) 110 1.49 4.23 0.91 44.37
K8862 子宮附属器癒着剥離術(両側)(腹腔鏡によるもの) 67 1.49 4.01 0 37.15
K877-2 腹腔鏡下腟式子宮全摘術 46 2.41 9.11 0 46.2
K8721 子宮筋腫摘出(核出)術(腹式) 42 2.36 9 0 38.24
兵庫県内では有数の腹腔鏡手術件数を有する当院に、低侵襲手術をご希望される患者さんが遠方より来院されることにより、子宮附属器腫瘍摘出-癒着剥離、腹腔鏡下腟式子宮全摘術などの腹腔鏡手術が増加しています。
また、子宮筋腫、子宮腺筋症などの子宮良性腫瘍症例にについても、可能な限り膣式手術や腹腔鏡を用いた低侵襲手術を心がけています。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 411 2.29 1.62 0 74.41
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含むもの) 80 0.73 7.55 1.25 64.36
K2682 緑内障手術(流出路再建術) 56 1.93 5.32 1.79 72.86
K2802 硝子体茎顕微鏡下離断術(その他のもの) 13 1.38 4 0 70.15
K281 増殖性硝子体網膜症手術 - - - - -
眼科では、白内障に対する手術である水晶体再建術が、その疾患数の多さから多くの割合を占めています。散瞳不良例、水晶体の支えの弱いチン氏帯脆弱例、白内障の進行例といった手術施行難症例にも積極的に対応しています。また、入院の指標には示されておりませんが、付き添いの方がおられれば、入院せずに外来で白内障手術を行う日帰り手術も選択できます。白内障手術で用いる眼内レンズは非球面眼内レンズです。角膜乱視の強いかたで適応があれば、乱視を軽減するトーリック眼内レンズを用いています。トーリックレンズ使用時は、軸決定を精度の高いデジタルマーキングを用いております。
硝子体顕微鏡下離断術は、網膜剥離、増殖糖尿病網膜症、黄斑円孔、黄斑前膜、黄斑浮腫に対する手術です。増殖性硝子体網膜症手術は、増殖糖尿病網膜症や増殖硝子体網膜症の症例が含まれ、難症例も積極的に対応しています。病状に応じて25Gまたは27Gシステム経結膜小切開硝子体手術を行っており、安全な手術を行っております。
緑内障手術は流出路再建術が上位に入っておりますが、緑内障術式は濾過手術と流出路再建術に大別され、患者さんの病状に応じてどちらの術式が適応か決めています。流出路再建術は、トラベクトームもしくはカフークデュアルブレードを用いた内眼法を用いた、小切開で安全な手術を行っています。
硝子体手術、緑内障手術ともに放置すれば視機能の重篤な損失を招く疾患です。患者さんの年齢、病状に応じて白内障併用手術を選択します。特殊な症例を除き、全ての手術を小切開で低侵襲の手術を選択しています。
耳鼻いんこう科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K368 扁桃周囲膿瘍切開術 56 0.14 5.64 0 42.48
K340-6 内視鏡下鼻・副鼻腔手術4型(汎副鼻腔手術) 42 1.05 6.14 0 55.88
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 41 1.05 6.07 0 23.02
K3192 鼓室形成手術(耳小骨再建術) 27 1 5.3 0 51.81
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 26 1 6.04 0 52.62
当科では耳鼻いんこう科の急性炎症疾患である扁桃周囲膿瘍症例を多く受け入れていますのでその切開排膿術(局麻)が多くなっています。
慢性副鼻腔炎の方には、積極的に内視鏡下鼻内手術を行っています。平成27年度から副鼻腔専用のナビゲーションシステムを導入したことにより、より安全な手術が行えるようになりました。
耳鼻いんこう科の一般的な手術である扁桃摘出術が多くなっています。
また、以前より耳手術も積極的に行っています。
上記のほか、頭頸部腫瘍手術(甲状腺、唾液腺を含む)も積極的に行っています。
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K333 鼻骨骨折整復固定術 16 0.94 0.94 0 26.63
K0151 皮弁作成術・移動術・切断術・遷延皮弁術(25未満) 10 0.9 2.2 0 55.4
K6171 下肢静脈瘤手術(抜去切除術) - - - - -
K427 頬骨骨折観血的整復術 - - - - -
K476-4 ゲル充填人工乳房を用いた乳房再建術(乳房切除後) - - - - -
形成外科では、いわゆるケガの治療から顔面骨折の治療、皮膚腫瘍の治療など幅広い分野で診療を行っています。
顔面骨骨折については、鼻骨や頬骨、眼窩骨折などで治療を担当しています。頻度として鼻骨骨折の割合が多く、次に頬骨骨折の割合が高くなっています。腫瘍切除後や外傷などにより生じた皮膚欠損に対して、皮弁作成術を行い、整容面配慮した手術を行っています。下肢静脈瘤については、大伏在静脈ストリッピング術の割合が高くなっています。乳癌切除に生じた乳房欠損に対して、シリコンインプラントを用いた乳房再建、自家組織を用いた乳房再建を実施しています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 31 0.25
異なる 21 0.17
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 47 0.38
異なる - -
この指標は、医療の質の改善に資するため、臨床上ゼロにはなりえないものの少しでも改善すべきものとして、播種性血管内凝固症候群、敗血症、その他の真菌症、手術・処置などの合併症について、最も医療資源を投入した病名と入院契機病名(入院のきっかけとなった病名)との同一性の有無を区別して対象患者数と発生率を示したものです。
播種性血管内凝固症候群、敗血症、その他の真菌症はDPCで高額な点数が設定されているため、臨床上根拠のある診断でなければなりません。
敗血症は入院契機が「異なる」場合が17.0%となっています。敗血症全体では61.8%が70歳以上の高齢の患者さんでした。尿路感染症、腎盂腎炎、肺炎等といった症状を契機として入院されていますが、悪性腫瘍に罹患しており、免疫機能が低下して全身状態が悪化してしまい、敗血症にいたった症例が多くを占めています。
手術・処置等の合併症については、ほとんどが最も医療資源を投入した病名と入院契機病名が同一である症例でした。手術・処置などの合併症が原因で入院し、治療を受ける患者さんがこの分類にあてはまります。(主な内訳は以下のとおり)。
手術や処置などは合併症を起こさないように細心の注意を払って施行していますが、合併症はどうしても一定の確率で起こりえます。発生する可能性のある合併症については、事前に可能な限り患者さんに説明したうえで、手術や処置の施行に同意いただくようにしています。
(内訳)
T81 処置の合併症、他に分類されないもの   38.4%
T84 体内整形外科的プロステーシス、挿入物及び移植片の合併症 25.0%
T88 外科的及び内科的ケアのその他の合併症、他に分類されないもの 21.1%
T82 心臓及び血管のプロステーシス、挿入物及び移植片の合併症 9.6%
T85 その他の体内プロステーシス、挿入物及び移植片の合併症 5.7%
更新履歴