求人・募集情報

初期研修医募集要項

当院からのメッセージ
研修プログラム責任者より 専攻医より 研修医より

研修医より

初期臨床研修医 尾崎 正英

 

―現在、初期研修医2年目―

志望理由

初期研修をする上で、①市中病院 ②志望科である免疫血液科がある ③内科が充実している④関西圏を条件として、研修先を探していました。
当院は、上記の4つの点を満たしており、見学の際に、研修医の雰囲気の良さ、先生方の熱心さを見て、働きやすさと研修医が大事にされている点を感じ、志望しました。

 

研修内容

月4回程の当直があり、内科・外科・小児科すべての患者にfirst contactできます。自由にできるだけでなく、2年目の研修医・専攻医・内科当直・外科当直・小児科医が一緒に当直しており、いつでもコンサルトでき、自分も患者も守られた環境で、診断から治療まで関わることができます。

 

どんな病院か

研修医が大事にされている病院です。

 

ページの先頭に戻る

 

 

初期臨床研修医 小谷 友弥

 

―現在、初期研修医2年目―

志望理由

滋賀から兵庫まで関西の病院をいくつか見学させていただきました。そのなかで、一番挨拶が多く、病院全体としても明るい雰囲気が感じられました。他病院の先生方からも病院見学を勧められたほどでした。
 科の垣根のなさも医局の作りからも感じられ、ぜひこの病院で研修したいと思い志望しました。

 

研修内容

救急外来や当直は研修医が主体となって行われます。救急はやはり怖さもありますが、同時に研修の中では一番のやりがいのある場所になってくると思います。また、研修中にエコーの研修もあり検査の技能も個々人で高めることもできます。
 カンファレンスの機会、時には学会発表などの機会もあり充実した研修が送れると思います。

 

どんな病院か

志望理由でも書きましたが、実際に働いても感じるのは他科とのつながりやコンサルトのしやすさです。上級医の先生方も困っているときにはそっと手を差し伸べてくれる方も多く、現在研修中でも幾度となく助けていただいています。

 

ページの先頭に戻る

 

 

初期臨床研修医 後藤 良子

 

―現在、初期研修医2年目―

志望理由

救急外来で研修医が主体となって、診察・検査・治療を行うことができ、上級医からも丁寧なフィードバックをもらうことができるので、勉強になると思い志望しました。

 

どんな病院か

 

各科の壁が低く、コミュニケーションの取りやすい病院です。ローテートしていない科の先生にも質問しやすく、学ぶ機会を多く持つことができます。

 

ページの先頭に戻る

 

 

初期臨床研修医 小林 雅典

 

―現在、初期研修医2年目―

志望理由

救急外来の患者さんの数が多く、しかも小児を含めcommon diseaseを幅広く経験できると思い当院を志望しました。
また、指導医の先生も教育熱心な方が多く勉強になると思ったのも理由の一つです。
さらに研修医室はアットホームな雰囲気で、研修医間・先輩後輩間も仲が良く癒しの空間となっています。

 

研修内容

1年目は6ヶ月間の内科研修・2ヶ月間の外科研修・1ヶ月の選択外科研修・1~2ヶ月間の小児科研修・1ヶ月の麻酔科研修を行っていきます。
主には病棟患者さんを指導医の先生と一緒に担当し、診察法・検査の進め方・治療・入院中の管理・手術等を学んでいきます。
また、週に1回程度救急外来・当直を担当します。ここでは、指導医の先生と共に救急外来患者さんの診療を担当し、診断・初診時の治療を考える中で学ぶことは多いです。

 

どんな病院か

とても雰囲気の良い病院です。指導医の先生は、診療を進めていく際に疑問に思ったことを質問すると忙しい診療の合間を縫って熱心に指導して下さいます。
また、診療科間の垣根が低く各科の先生・スタッフ一丸となって患者さんの診療にあたっています。
また、看護師さん・検査技師さん・放射線技師さんも積極的に研修医の指導をして下さるのも魅力の一つです。

 

ページの先頭に戻る

 

 

初期臨床研修医 坂口 拓夢

 

―現在、初期研修医2年目―

志望理由

病院見学をさせていただいたときに、研修医が実に生き生きと研修をされていたのが印象でした。自分が働くときのイメージはその病院で働いている研修医を見たらわかると考えていたので、そのときからこの病院で是非研修をしたい!と考えていました。実際当院で研修をさせていただき、今までを振り返ると本当にこの病院で研修することができてよかったと思います。

 

研修内容

ここの病院の特徴で、内科系の診療科はすべてローテートすることができます。内科系を考えているならば幅広い知識が必要となるため、その意味では非常に勉強になる研修プログラムだと思います。また、当院の外科は症例数が多く、研修医でもさまざまな手技をやらせてもらえるため、外科系を志望している人も非常に勉強になると思います。また、月に3,4回行う当直業務はすべての患者に対してファーストタッチすることができるため、プレッシャーがある分、危機感を持って勉強することが可能です。

 

どんな病院か

診療科ごとの垣根が非常に低く、医局では診療科関係なくしばしば入院患者についての座談会(?)が開かれています。そのため、自分がローテートしていない診療科の先生方にも入院患者について相談することができます。その意味でも内科系に関してはすべての診療科があることは本当にありがたいと思います。また、上級医の先生方も優しく教えくれるので、本当に働きやすい病院だと思います。

 

ページの先頭に戻る

 

 

初期臨床研修医 高島 伶奈

 

―現在、初期研修医2年目―

志望理由

見学に来たときにまず感じたのは、病院全体の雰囲気が良かったことです。一人一人が忙しくしすぎて個人で頑張るというより、自分で勉強する時間があり、研修医同士で勉強会や症例検討をして切磋琢磨し合っている印象でした。
また、初期研修の目的には、上位に救急対応ができるようになることは必ずあがってきます。救急当直の経験を積めると思ったことも大きいです。

 

どんな病院か

研修医の仲が良いです、また、先生方がとても親切なのでコンサルトしやすいです。マイペースでやっている人が多い印象です。
内科病棟での業務はあまりハードではなく研修医が前面でという感じではありませんが、一番の特徴として、救急で様々な重症度の患者さんを診られることがあります。救急の初期対応が研修医に任されているため、実践する場があるということは恵まれた環境だと思います。

 

 

ページの先頭に戻る

 

 

初期臨床研修医 竹内 摩耶

 

―現在、初期研修医2年目―

志望理由

内科全般をローテートできること、救急外来では2年次と1年次に加え、内科当直、外科当直にコンサルトしやすいことが志望理由です。また、学生時代に見学に来た時の雰囲気が良かったことも理由です。

 

研修内容

本人の自主性に任せた指導体制、手技や手法が様々です。

 

どんな病院か

看護師やコメディカルといった他職種の方々が優しいため、コミュニケーションがとりやすく、また学びやすい環境です。

 

ページの先頭に戻る

 

 

初期臨床研修医 藤井 翔太郎

 

―現在、初期研修医2年目―

志望理由

救急外来の症例が非常に豊富。救急外来・救急車対応の初期診療を研修医ができる。2年間での経験症例数はかなり多い。
大学病院と違って各科の垣根が低く、他科にも気軽に相談しやすい。
神戸市の基幹病院の一つであり、ほぼすべての診療科が揃っている。
選択期間が9ヶ月ほどあり、1ヶ月単位からも選択可能。自由度が高いプログラム。
一学年の研修医の人数が9人とちょうどよい。
見学時に研修医同士の雰囲気がよかった。
病院すぐ横に寮を完備。
図書室では各科メジャーな医学雑誌が読める。

 

研修内容

内科6ヶ月は、①循環器②呼吸器、免疫・血液③消化器、内分泌④神経、腎臓の①から④をそれぞれ1.5ヶ月。外科は2ヶ月。選択期間では超音波検査だけを学ぶ1ヶ月を組み入れることも可能。
当直は月4回ほど。多くの症例の初期対応を研修医が行う。1年目の最初の半年は必ず2年目研修医とペアで診療を行う。半年経過後も、複数人で当直しているため、上級医にいつでも相談できる環境。

 

どんな病院か

500床ほどの病床数であり、ほぼすべての各科が揃っている。ニュータウンが多い神戸市西部とその周辺の基幹病院であり、当地域の医療の中心を担っている。研修医は1学年9人。教育熱心な上級医が多く、非常に相談しやすい雰囲気。昨年末導入された救急外来のエコーは西日本でも最新のモデル。本年には手術室の増築も完成予定。救急症例は豊富。

 

ページの先頭に戻る

 

 

初期臨床研修医 堀江 和正

 

―現在、初期研修医2年目―

志望理由

大学6年生の時に消化器内科で実習させていただいたのですが、その際スタッフや研修医の先生方にとても良くしていただき、この病院の雰囲気の良さに魅力を感じました。救急外来で研修医が主体的に診療できることも魅力で、この病院を志望しました。

 

研修内容

救急当直では研修医1年目から診察、検査、治療を自分で考えながら進めていくことができます。様々な問題に直面して苦労したことは身につきやすいですし、上の先生へのコンサルトがしやすく、みなさん熱心に指導してくださるので、得るものはとても多いです。受診患者数も多いので、様々な症例を経験できると思います。
内科研修では2科同時に回ることで、6ヶ月間で内科全科を回ることができます。将来内科系に進む人にとっても外科系に進む人にとっても、全ての科を知る機会があるというのは大きなメリットだと思います。
また救急カンファレンスや内科カンファレンス、おはようカンファレンスなど、学ぶ機会が多く設けられています。知識を深めると同時に、プレゼン能力を磨く機会にもなるのではないでしょうか。

 

どんな病院か

手技と勉学のバランスがいい病院だと思います。先生方も熱心ですし、研修医のやる気に応えてくれる環境だと思います。

 

ページの先頭に戻る