先輩看護師からのメッセージ Message
4人家族で2人の子どもがいます。
今は子どもが小さいので、家族の協力なしでは
今の仕事は続けられない状況です。
プロフィール画像 2012年 集中ケア認定 女性看護師

集中治療室看護師

集中ケア認定看護師として、集中治療室に勤務。

自己紹介

集中ケア認定看護師として、今、集中治療室で勤務しています。別の病院で5年間勤務をしていて、そのあと西神戸に来ました。10年前に神奈川県立看護教育大学校を出て、認定看護師の資格をとっています。4人家族で2人の子どもがいます。今は子どもが小さいので、家族の協力なしでは今の仕事は続けられない状況です。

認定看護師さんの資格をとろうと思われたきっかけはなんですか?

元々私は自分に全然自信がなく、ずっと自分のことを「できない看護師」だと思っていました。それでも、仲間の助けがあり、なんとか続けていましたが、そんな中で一人の尊敬する先輩と出会いました。その先輩は、いつも患者さんの状態を、根拠を提示しながら、きちんとした看護をしていました。それを見て、私も根拠(と自信?)に基づいた看護がしたいと思い、認定の資格を取ることにしました。
資格を取るまでには、家族に相談したりとても悩みましたが、1度だけチャンスをもらい、何とか自分のものにすることが出来ました。

認定の資格を取ってみてどうですか?

資格を取った時、学校ではすべてのことをマニュアルのように教えてもらうのではなく、基本的な部分を教えていただき、ひとつの症例を掘り下げて考えることを学んだという感じでした。ですので、基本的に大きく変わったということはありませんが、“変わるための動き方“は理解することが出来たように思います。

普段のお仕事の中で、チャンスをもらって勉強したことが活かされる瞬間とかはありますか?

患者さんを看ているときに、たとえお話が出来ない状況の方であっても、”この場合は、こういうことかな?”という風にデータやサインに基づき考えられるようになりました。また、その情報を医療チームで共有することによって、新たな情報を引き出せたり、今まで以上に患者さんを深く看られるようになったと思っています。

子どもが看護師になりたいといったらどうしますか?

よく考え?ていうかもしれないです。お母さんにみたいになりたいっていわれたら、そのときは応援します。大変ですけど、いいこともありますのでね。

様々なチャレンジをされて今に至りますが、長く現場に居続けるためにはこうしたらいいよとか、こう考えたらいいよとか?やめたくなったときはこう切り替えたらいいよとか、アドバイスありますか?

全てが楽しいことばかりではないですから、やはり落ち込んでしまったときの気持ちの切り替えが重要になると思います。 まず、なんでも本音で話せる仲間を見つけましょう。その人に、親身になって話を聞いてもらったり、好きなものを食べに行ったり、音楽を聴いたり、買い物に行ったりして気分転換を図りましょう。
私は、落ち込んでいるとき、こどもに「ようがんばったな~!」と言ってもらえると、とてもホッとした気持ちになります。(笑) また、患者さんの家族に感謝されたり、患者さんから笑顔をもらったりすると、スーッと気分が浄化され、逆に励まされますよ。

ちなみに、結婚しても仕事をつづけようと思いましたか?

私は、看護師を続けるというのが結婚の条件だったんです。(笑)
続けてもいいですか?もちろん!という感じで。(笑)

※インタビュー内容は2012年10月現在のものです。