先輩看護師からのメッセージ Message
最初に戸惑った外来勤務ですが、
今は徐々に面白さを感じ始めています。
メリハリのある職場で、皆で力をあわせて頑張っています。
プロフィール画像 2013年 外来勤務 プリセプター 新人育成担当 女性看護師

プリセプター

新卒入職、外来配属4年目。今年はプリセプターとして 新人の育成を担当。

自己紹介をお願いします。

入職4年目、入職からずっと外来で勤務しています。今年からプリセプターとして、新人についてマンツーマンでの教育も行っています。

外来に配属が決まった時の感想を教えてください。

外来と言えば、クリニックで先生の横について補助をして…といったイメージしかなかったので、最初は何をしたらいいんだろう、と戸惑いました。実際働いてみると、患者さんのご自宅での様子がよく見えるので、普段どういう生活で困っているのかを直接聞けるのが病棟の看護師と違う点だなあと感じています。

外来の仕事内容を教えてください。

診察室での診察介助はほとんどなく、例えば急な心筋梗塞で来院された患者さんの初期対応や、緊急入院の患者さんが病棟に移る前段階での処置や、糖尿や慢性腎不全などで通院されている患者さんに初期指導という形で関わり、生活指導や健康指導、食事の指導などをしています。あとは腎臓が悪くなったらどうなるか、というイメージをお伝えしたり…最近では外来化学療法センターで、がん患者さんの通院治療サポートの業務にも携わっています。病棟と違い、来院された患者さんはそのまま自宅に帰られてしまうので、ご自宅に帰った後にケアしてくれる人は誰かを見極められるように意識しながらお話を伺うようにしています。

外来の業務の楽しさややりがいを感じだした時期やその内容を教えてください。

時間の制限があり、患者さんの疑問や問題にその場で答えを出さないといけないので、いろんな知識を広く身につける必要があるのが最初は大変でした。1、2年目は言われたことをこなすだけで精いっぱいでしたが、最近は周りが見えてきました。

気になる患者さんには、受け持ちとして続けて関わらせてもらうこともできます。また、専門性のある先輩方の活躍する姿を見たり、化学療法センターでの看護を通じて興味が出てきた分野をもっと深めていければ、というのがこれからの目標です。

プリセプターになって3か月、気づいたことや難しいことは?

そばで見ていて伝えたいことはたくさんあるのですが、自分が1年目だった時のことを思い出すと、「全部伝えてもいっぱいいっぱいになるばかりだろうなあ」と感じて、伝え方に悩んでいます。信頼関係が築けるよう、話しやすい雰囲気づくりを意識して指導しています。新人と話していると、「こんなことを疑問に感じるんだ」と新鮮で、すっかり今の職場に慣れてしまっている自分に気づきますね(笑)。

西神戸医療センターの働きやすい点や魅力について

同期が必ず同じ部署に一人は配属されるよう配慮されているので、入職してすぐの不安な時期にも、励まし合ったり協力し合ったりできるのは、工夫されている点だと思います。外来に関しては、時間の制限もあるので、メリハリがある、するときはするし帰るときは帰る、という空気があります。周りを見て自分にできそうなことは手が空いていれば動くようにして、業務を短時間で終わらせるよう力をあわせて働いています。

※インタビュー内容は2013年7月現在のものです。