先輩看護師からのメッセージ Message
明るく優しい先輩がたくさんいる職場です。
先輩に支えてもらった分、後輩を正しく導いて
いける看護師になりたいと思っています。
プロフィール画像 2015年 プリセプター 女性看護師

プリセプター

入職3年目。神経内科・耳鼻科・乳腺外科・皮膚科病棟勤務。今年からプリセプターとして後輩を育てています。

自己紹介をお願いします。

病棟で勤務しています。1年目は呼吸器内科・耳鼻科中心でしたが、2年目に診療科の再編成があって、同じ病棟で診療科が変わりました。今は神経内科、耳鼻科、乳腺外科、皮膚科があります。
1年目を教える傍ら、先輩方に指導をしていただいており、勉強の毎日です。知識が豊富な先輩や患者さんに親身になって看護している先輩がたくさんいらっしゃって、憧れているし目標にしています。

1年目のエピソードを教えてください。

1年目は呼吸器がメインの病棟でした。状態の悪い患者さんが多く、咳や呼吸に苦しんでいる方に何もできないのがとてももどかしかったです。回復される方ももちろんいらっしゃいますが、再入院されたり、症状が悪化していく患者さんに対応するのは学生時代にはなかったことなので、配属された当初は動揺することも多かったです。プリセプターさんや教育担当の方にお話を聞いていただく中で、少しずつ自分の中で折り合いをつけたり、アドバイスをもらってできることが増えてきました。

看護師をしていて良かったと感じる瞬間を教えてください。

回復期の方がリハビリを続けて転院、退院していく姿を目にするとやりがいを感じます。先日、自分のチームの患者さんだった方が退院後リハビリを重ねて、外来受診の時に病棟に挨拶に来てくださったんです。手も動かせなかった方が皆の前で手を振ってくれて、看護師みんなですごいすごい!って盛り上がり、大騒ぎになりました(笑)。こんな時はほんとにこの部署で働いててよかったと思いますね。

プリセプターについて教えてください。

プリセプティとの関わりとして、たとえば「大丈夫?」って聞くと「大丈夫」と返ってくるので、質問の仕方ひとつとっても課題が多いです。自分が伝えたいと思っていることとは違うように相手に伝わってしまうこともあるので、思っていることをそのまま伝えるにはどのように声をかけたらいいのか、というのは悩みの一つです。今は院内のプリセプター研修を活用して、改めてコミュニケーションスキルを学んでいます。

今は1年目と一緒に勉強することが、改めて自分の勉強になっていると思います。1年目の時と同じ本を読んでも、経験を重ねた今だからわかることがたくさんあるなぁと感じています。

休日の気分転換方法は?

休みの日は友達とご飯に行ったり、連休があれば旅行に行ったり、意識的にオンオフの切り替えの時間を持つようにしています。職員住宅なので同期の看護師が身近にいて、心強いです。

※ インタビュー内容は2015年9月現在のものです。