先輩看護師からのメッセージ Message
私は、患者さんがしんどい時に患者さんのそばにいることを
大事にしたいと思って日々看護をしています。
来年からは、プリセプターになるので、1年目さんが
しんどい時にもそばで支えてあげたいと思っています。

フレッシュナース

消化器外科・内科病棟に勤務している2年目看護師。いつも明るくていねいに患者さんに接していると評判です。

当院を選んだ理由を教えてください

当院に入院した際に和気藹々とした病棟の雰囲気を感じました。また、充実した教育体制があることを知り、この病院で知識・技術力があり、人としての関わりができる看護師になりたいと思いました。

この病院の看護師でよかったと思えるのはどんなときですか

プリセプターさんが心身ともにサポートしてくれることです。
プリセプターさんがついていてくれる期間が1年間あるのですが、その期間が終わっても病棟全体でサポートしてもらえました。

働きはじめてから、患者さんやご家族との忘れられないエピソードはありますか。

既往に脳梗塞、心房細動がある患者さんが退院前日の朝に、いつもと様子が違うことに気づき、リーダーさんに報告しました。その後、リーダーから連絡を受けた医師などと連携して対応したことがありました。対応が早かったため、順調に経過し、退院されました。その後、意識もはっきりされた患者さんとご家族が病棟に来てくださり「あの時、ありがとう」と涙ながらに声をかけていただきました。合併症もなく元気になられていたので、本当に良かったと思いました。また、とてもうれしかったです。

看護師になってからの挫折や失敗はありましたか。また、それをどのように乗り越えましたか

失敗ばかりですが、同期をはじめ先輩方からの言葉でたくさん、救われています。患者さんからの言葉にも助けられています。後は、思いっきり食べて、飲んで寝ることで気分転換をしています。

※インタビュー内容は2020年3月現在のものです