専門・認定看護師 Specialty

専門看護師

専門看護師とは、日本看護協会認定のある専門分野で特定の知識と技術を深め、個人、家族および集団に対する卓越した看護実践により水準の高い看護ケアを提供するスペシャリストです。ここでは、がん看護、精神看護、慢性疾患看護、老人看護、急性・重症患者看護専門看護師の活動についてご紹介していきたいと思います。

 

専門看護師からのメッセージ

  1. がん看護専門看護師 正井 志穂
  2. 精神看護専門看護師 山田 顕子
  3. 慢性疾患看護専門看護師 八木 哉子
  4. 老人看護専門看護師 森本 景子

 

がん看護専門看護師

長尾 綾子、正井 志穂

 

当院の最重点項目である『がん診療連携拠点病院機能の強化』に基づき、高度かつ質の高いがん医療の提供を行い、がん患者さんとそのご家族や地域住民の皆様の期待にお応えできるよう、多職種と協働しながら活動しています。

主には、当院でがん医療を統合する部門であるがん総合診療部での活動、病棟・外来、緩和ケアチーム、がん看護外来、がん教室や患者サロン等での患者さんへのがん看護の提供、高度ながん看護の実践、指導ができる人材の育成等に取り組んでおります。

 

 

精神看護専門看護師

山田 顕子

リエゾン(liaison)とはフランス語で『つなぐ』という意味を表します。

身体の病を患うことで、心配ごとや様々な心の不調から身体の不調を来すこともあれば、心の健康が身体の回復を促すことにもつながります。患者さんやご家族本来の力を発揮するために、心の健康を取り戻すお手伝いができればと思います。

また、繁雑な医療現場においても医療スタッフがチーム力を発揮して患者さんとご家族の心に寄り添い、活き活きと働くことができるよう、『身体と心をつなぐ』『人と人とをつなぐ』役割を果たしていきたいと考えています。

 

 

慢性疾患看護専門看護師

八木 哉子

慢性疾患看護専門看護師は、心臓病、糖尿病、腎臓病など、病気とともに生活している患者さんやその家族の体験に焦点を当て、どのように療養生活を送っていくかを一緒に考えながら支援いたします。そして、症状との付き合い方や対処、仕事との折り合いのつけ方、感情のコントロールなどに目を向け、病状が安定することを目指します。さらに、患者さんの気持ちを大切にしながら、病気の治療選択ができるよう意思決定の支援も行っております。
患者さんとその家族が生き生きとその人らしく生活が送れるよう、日々努めてまいります。

 

 

老人看護専門看護師

森本 景子

高齢化に伴い、入院して治療を受ける患者さんの年齢も年々高くなっています。疾患による身体への影響に加えて、入院という環境の変化が心身の大きな負担となります。例えば、入院中に認知症の症状が進行したり、せん妄を発症したり、入院前にできていたことができなくなるという変化がみられることがあり、入院するということ自体がその方の人生そのものに影響を与えるような転機となることも少なくありません。

そこで、入院された患者さんに対して、その方の心体の治療が安全・安楽に行えるように、また心身の機能を最大限に保持しながら二次的な健康トラブルを予防することを目的に活動をしています。また、患者さんや家族さんの大切にしている価値観をお伺いし、高齢者の方の”意思”を尊重し、最期の時まで自分らしく過ごすことができるように、入院期間中にできることを考えながら関わっています。