看護部について Department

看護部長あいさつ

西神戸医療センターは、神戸西地域の中核病院として2次救急医療の充実、小児周産期医療の向上、国指定地域がん診療連携拠点病院として集学的治療と緩和ケアを提供できるがん診療支援と相談業務の充実、神戸市内唯一の入院施設を持った結核医療の提供など、役割を果たしています。

看護部では「病気になっても住み慣れた地域で自分らしく生活が継続できる」ために、常に患者さんに寄り添い、生活の課題をとらえ支援できる体制づくりに力を入れています。病棟部門では、まだ一部ですがセル看護提供方式を導入し、患者さんに適切なタイミングで質の高い看護を提供できるよう取り組んでいます。

副院長兼看護部長
認定看護管理者
濱本カナコ

 

さらに、24時間患者さんに寄り添う看護師が、患者さんにかかわるすべての職種とチームワークよく対応できるように調整し、看護師として「身体的な回復を支える知識・技術」とともに、「その人がよりよく生きていく力を引き出す感性」を磨き、日々成長しています。

令和2年度は、新型コロナウイルス感染症に始まり、今なお対応に追われています。どうすれば安全に対応できるか、また倫理的な問題にもチームダイナミクスを発揮し最善を尽くしています。市民の生命と健康を守ることが私たち医療従事者の責務であり、これからも職員が一丸となり感染症対策に取り組んでいきます。

令和3年度は、緩和ケアセンターを開設し、緩和ケア提供体制について院内組織基盤の強化とがん患者さんへの幅広い支援を充実させていきます。これらは、看護の力を大いに発揮でき、やりがいにつながるところです。

私たちは、日々の看護の中でやりがいや充実感を得ながら、誰からも信頼される看護を提供し続けたいと思います。

令和3年4月1日

知識・技術・態度が合わさり感性になる図
(赤:知識)(緑:技術)(青:態度)