看護部について Department

継続教育

神戸市立西神戸医療センター看護部は、看護職員の臨床実践能力を看護実践能力、マネジメント能力、人間関係能力・教育・研究能力の4側面で捉えています。

そして、一人ひとりの看護職員が目標をもって、自己の能力やライフステージに応じてキャリア開発ができるように、教育プログラムを企画し組織的にサポートしています。

市民の生命と健康を守るため私たちは臨床実践に強いナースをめざします。看護実践能力+教育/研究能力+マネジメント能力+人間関係能力=臨床実践に強いナース

黄色:看護実践能力、ピンク:教育・研究能力、青:マネジメント能力、緑:人間関係能力、オレンジ:臨床実践に強いナース

当院では、「神戸市民病院機構の求める看護職像」に基づいて、クリニカルラダーを作成し、看護職を育成しています。

 

神戸市民病院機構の求める看護師像

市民のいのちと健康を守るために臨床実践に強い看護職

  1. 人間性を尊重でき、倫理感性の高い看護職
  2. 根拠に基づいた判断をし、行動できる看護職
  3. 専門職としての意識を持ち、学び続ける看護職
  4. 他職種と協同できる看護職
  5. 組織に貢献できる看護職

 

看護師が質問をしている写真 研修を受けている看護師たちの写真 看護部長の講義を聞いている看護師たちの写真

 

神戸市民病院機構クリニカルラダー ラダーレベル基準

ラダーレベルⅠ 助言を得てできる ラダーレベルⅡ 一人前にできる ラダーレベルⅢ 個別性を考えてできる ラダーレベルⅣ 予測性を持ってできる ラダーレベルⅤ 複雑な状況に対応できる

赤:ラダーレベルⅠ、緑:ラダーレベルⅡ、紫:ラダーレベルⅢ、青:ラダーレベルⅣ、オレンジ:ラダーレベルⅤ

 

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status