看護部について Department

9階 東病棟・西病棟

9階東病棟

安心できる看護を

9階東病棟は、脳神経内科、乳腺外科、耳鼻科、皮膚科の病棟です。
脳神経内科では脳梗塞や神経難病の検査や治療、乳腺外科や耳鼻科は手術や抗がん剤・放射線治療など様々な目的で入院されています。
色々な思いを持って入院して来られている患者さん1人1人に寄り添い、思いを尊重して関わることを大切にしています。

また、病棟では、看護師、医師、サポーター、ヘルパー、ソーシャルワーカー、リハビリのスタッフ、クラークなど多職種や、栄養・緩和ケア・リエゾン・認知症など各種チームがおり、患者さんに対して、安全な療養環境を整え、安心した医療、看護が提供できるように協働しています。

 

9階西病棟

一人一人の患者さんを大切に

9階西病棟は、整形外科と内分泌、糖尿内科からなる混合病棟です。複数の慢性疾患をもつ方や高齢の方が多く、医師や理学療法士、薬剤師、栄養士、ソーシャルワーカー、ナースサポーター、ヘルパー、クラーク、そしてリエゾンチームや認知症サポートチームをはじめとする院内チームなど、多くの職種と連携、協働し、患者さんの医療を支えています。

今年度より看護師の動線に着目し、業務のムダを省き患者のベッドサイドで看護を提供する事を概念とした「セル看護提供方式」を導入しています。ベッドサイドで患者の声に耳を傾けタイムリーな看護が行えるように努力しています。

整形外科病棟の看護師として、術前術後の急性期から、リハビリ期まで多岐にわたる病態に対して看護を行っています。また、病状の不安定な時期でも患者さんのもつ力に着目し、それを最大に発揮できるように看護することを大切にしています。認知症ケアにも力を入れ、病棟デイケアを実施し認知症の患者さんの寂しさや不安をなくし笑顔を取り戻す看護に力を入れています。疾患をもちながらもその人らしく健康に生活していけるように、入院時より退院後の生活を見据えた看護に取り組んでいます。