看護部について Department

5階 東病棟(救急病棟)・西病棟・集中治療室・手術部

5階東病棟(救急病棟)

私たちが責任を持って看護します!

私たち救急病棟看護師は、救急外来、救急病棟を担当しています。救急搬送件数は年々増加傾向にあり、小児から高齢者、妊産婦まで24時間、365日、救急医療を必要とする様々な患者さんを受け入れています。

救急外来では救急医と連携し、救急患者さんへより迅速な対応を目指します。

救急病棟看護師は、緊急度、重症度を判断し、病態の変化を予測し重篤化を回避することが求められます。緊張した環境ではありますが、緊急入院された患者さんが住み慣れた地域で安心して治療・生活をしていただけるよう、緊急入院時から地域医療課、理学療法士、NST、精神科リエゾンチーム、がん緩和ケアチームなど多職種と連携した看護実践を行っています。

部署内ではフィジカルアセスメントや院内トリアージ、災害看護など救急看護領域だけでなく、認知症看護やがん看護なども積極的に学習しています。看護提供方式にはパートナーシップ・ナーシング・システム(PNS)を取り入れ、スタッフ一同、力を合わせています。

 

5階西病棟

患者さん、ご家族の意思を尊重した看護に力を入れています。

5階西病棟は、循環器内科、泌尿器科、腎臓内科の混合病棟です。急性期から慢性期、終末期に至るまで様々な病期の患者さんが対象となります。患者さんが安心して入院生活を送ることができ、退院後もその人らしく生活できるように、院内の多職種とも連携を図りながら看護を行っています。

5階西病棟のモットーは、「笑顔で楽しく、やりがいのある職場」です。患者さんやご家族の方に信頼される看護が提供できるよう、笑顔を忘れず、声を掛け合いながらコミュニケーションを大切にしています。

 

集中治療室

患者さんとご家族によりそい、支える看護を心がけています。

 集中治療室は重症患者さんの救命を最優先とし、内科系・外科系を問わず協力かつ集中的な治療、看護を実践しています。複雑な治療になることも多く、チーム医療を実践するために他職種とのコミュニケーション、連携を大切にしています。

 重症患者さんへの治療、看護は緊張の連続で患者さんの状況の変化に一喜一憂する毎日です。患者さんが回復されて一般病棟に転棟後、「退院が決まったよ」「元気に歩けるようになりました」とご家族と共にお顔を見せてくださる時の喜びは計り知れません。この喜びが集中治療室看護師としてよりいっそうのやりがいへとつながっています。担当看護師が中心となって、生命の危機的状況にある患者さんとご家族のニーズに寄り添い、少しでも安心して集中治療が受けられ早期に元の生活に戻ることが出来るよう、日々個別性ある看護の提供を心がけています。

 

手術部

温もりのある安心できる手術室を目指しています。

手術室は患者さん、ご家族にとって非日常的な環境であり、手術は人生の中でも大きな出来事の一つとなります。私たち手術室看護師は、その場に専門職として立ち会い、合併症のない最小限の手術侵襲を目指しています。そのためには、他職種との協働が必要であり、チーム医療は欠かせません。当院では、準備の段階から様々な職種が立ち会い、徹底した安全確認を行います。患者さんにとってよりよい環境、「寒い、怖い手術室」から「温もりのある安全で安心できる手術室」に向けて意見を出し合いながら、業務改善にも取り組んでいます。小さな子供さんが手術を受ける際には、手術前日に「手術室の探検ツアー」と称した手術室見学なども行っています。

当手術部では24時間の救急体制をとりながら、先端医療、救急医療が提供できる手術部として日々努力をしています。より低侵襲で精度の高い、ロボット支援による手術も実施しています。緊張が伴う部署ではありますが、チームワークの良さが自慢です。職場間の垣根をなくし、お互いに感謝しあう風土を大切にしています。