看護部について Department

8階 東病棟・西病棟

8階東病棟

8階東病棟は、婦人科、免疫血液内科、総合内科、精神神経科の混合病棟です。婦人科では主に手術・化学療法、免疫血液内科では化学療法が行われています。これまで聞いたことのない病気を突然発症される患者さんもおられ、患者さん、ご家族ともになかなか病気が理解できない、病気の受け入れができないという方も多くおられます。そのため、私たちは少しでも不安を軽減し、安心して治療を受けられるよう支援しています。患者さんを中心に医療チーム全体で支え安心して入院生活が送れるよう看護を提供します。

 

 

8階西病棟

患者さんの生活の質の向上を目指して!

8階西病棟は、脳神経外科、眼科、形成外科の混合病棟です。
脳神経外科では、リハビリテーション部門と連携し、生活の中にリハビリテーションを取り入れてADLアップに力を入れています。また患者さん本来の生活を考え、一人ひとりに合わせたケアをするように心がけています。

形成外科では、傷の大きさにかかわらずきれいに、早く治るように毎日のケアを行っています。入院期間が長くなるケースも多いため、入院中から退院に向けての関わりを心がけています。

 

眼科では、目の状態が少しでも良くなることが、患者さんにとってQOLを高めることに繋がります。ほとんどの患者さんが手術を受けるために、不安が少なく安全に治療を受けていただけるように努めています。部署全体が患者さんを大切にし、看護師同士、また他部門のスタッフと協力しながら看護をしています。